人気ブログランキング |

ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 21日

Anons.

a0311886_00150379.png
※胸の国旗と、青年たちの肩の国旗は、ウィキペディアのをもらいました。


# by saiyans | 2019-09-21 15:01 | QAnon | Trackback
2019年 09月 19日

南野陽子と南中高度


南野さんは1967年6月23日に誕生。


「夏至(6月22日ごろ)です。
 太陽は真東の北よりから昇り、
 真西の北よりに沈みます。
 1年で太陽の南中高度が最も高く、
 昼が最も長い日です。」

参考



その日、神戸は曇り後、雨だったらしい。
※伊丹市で出ないので、神戸で調べました。

a0311886_23183732.png
https://weather.goo.ne.jp/past/770/00000623/


更に木星の、蟹座での高揚。
a0311886_23490008.png


お父上は、これら全てを考慮に入れて「陽子」と名付けた・・・。

参考


月は、最初の欠け始め。満月に近い状態で誕生しています。円満な心で吉祥ですね。

a0311886_23191673.png
Moon32 1.96

サイババによると、アヴァター(神の化身)や聖者は陽性で、一般人は陰性であるため、両者が接触すると、電気のようにエネルギーがプラスからマイナスに流れるそうだ。それでプラスの力が流れ込んだ結果、運命が好転する・・・。

ということは、南野さんと握手会などで接触した人たちは、かなり運が上がっている。

過去世の善行の功徳は、肉体に織り重なるようにして層を為す、エネルギー体に蓄えられているらしい。肉体の内側のメンタル体(心の体)の、その奥にあるコーザル体(因果の体)に蓄積されているという。

したがって南野さんと接触した人は、彼女の持つ陽性のエネルギーを受け取り、仕事運などが上がっていくのだ。


太陽は太陽系の中心で、それなくば諸惑星は暗黒に包まれる。


南野陽子という本体が存在することで、私たちナンノ・ファンは存在できるのだ。


「太陽戦隊 サンバルカン」の主題歌は まさに、「南野さんの栄光を示すべく作られた」と言っても過言ではないだろう。



参考資料

「マジカル・ヒーラー」 工作舎
スタンリー・クリップナー 著 笠原 敏雄 著

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳


# by saiyans | 2019-09-19 23:51 | 南野陽子 | Trackback
2019年 09月 19日

南野先生と僕


a0311886_12455749.png


話しかけたかった」の振り付けは難しい。

特に、「通り過ぎた彼とポニーテール」の後の、両手をネコニャン風にしてやるのが・・・・・難しい。

最初の、「いつか振り向かせたい人」の後の、マイクに人差し指をチョンチョンとやるのは簡単だ。

この振り付けが、もし南野さん本人によるオリジナル振り付けなら、改めて恐るべき女だと認めざるを得ない。一見簡単そうに見えて、そうではないから。


「指をマイクにチョンチョン」を見た時に私が想起するのは、いつも決まって小学校の担任になった南野先生とのやりとり。


小学校1年生の僕は、女の子をからかったりして、ちょっかいを出してばかりいるのだが、その姿を校庭に認めた南野先生は、「こらーっ!ラーマーっ!」と言って僕の元に駆け寄って来るのだ。

女の子を「ばーか、ばーか」と言って からかっているように先生含め、みんなそう思うだろうが、僕としては、これはアプローチであり、「好きだっ、好きだっ」と言っているのだ。

獅子座ラグナなので、カッコつけてて、素直に感情を表現できないから、こういう回りくどい愛情表現をしていたのだ。(実話です)

それを南野先生も勘違いして校庭に出てきたのだが、実はこの裏にもう一つ、目的があったりするのだ。

それは、「南野先生に叱られたい。そしてその二人だけの時間を手に入れたい」という下心だ。



先生:「こらーっラーマーっ、ダメでしょう女の子イジメちゃあ。もう!いつもこうなんだから。もういじめないって約束しなさい!」

僕:「はい。もうやりません・・・」

先生:「じゃあ指切り!」

先生と僕:「指切りげんまん、嘘ついたら針千本のーます!指切った!」


そうして先生はニッコリ笑うと、職員室に戻っていくのだ。


指をチョンチョンとやる動作が、僕には「ダメだぞダメだぞぉ(いじめちゃ)」というジェスチャーに見えるのだ。


僕は先生が、教室の隅の机に座って、テストの採点をしているのを見ているのが好きだ。

僕のテスト用紙は丸が一個で、あとはバツという悲惨な点数なのだが、それでも先生は横で採点を見ている僕に、「もうっ、ラーマは~」って感じで、ニッコリ微笑みかけてくれる。

そんな情景が、この振り付けを見るとき、いつも僕の心の中で再生されるのだ。


# by saiyans | 2019-09-19 02:00 | 南野陽子 | Trackback
2019年 09月 14日

南野家と観音経


「妙法蓮華経 観世音菩薩普門品 第二十五」にはこうある。


「もし女人ありて、もし男(おのこ)を求めんと欲して、観世音菩薩を礼拝し供養せば、すなわち福徳、智慧の男を生まん。もし女(めのこ)を求めんと欲せば、すなわち端正有相の(ととのえる姿の)女の(めのこの)、むかし、徳本を殖えしをもて衆人に愛敬せらるるを生まん。」

原典の、サンスクリット語からの現代語訳
「また、息子を欲しがる女性が偉大な志を持つ求法者アヴァローキテーシュヴァラを崇め敬うときは、容姿端麗で上品で優雅な息子が生まれるのだ。しかも、この息子は息子としての美点を具え、多くの人々に愛され、人の心を惹き、しかも善根を植えた息子なのだ。また、娘を望む女性には、容姿うるわしく上品で優雅な娘が生まれる。しかも、この娘は蓮華さながらの、この上なく清らかな容色をもち、娘としての美点を具え、多くの人々に愛され、人の心を惹き、しかも善根を植えた娘である。偉大な志を持つ求法者アヴァローキテーシュヴァラの威光は、実にこのようである。」


南野陽子さんのナデシコぶりを見るにつけ、「御両親は絶対に観音経を読誦していたに違いない」と思えてきた。

美智子上皇后の家系も法華経信者だったと何かで読んだことがあるし、上皇后御自身も天秤座ラグナで南野さんと同じ。第1室が金星の支配する星座の場合は、美男・美女に生まれるというのは本当みたい。

a0311886_23135890.png
a0311886_23150115.png


小室哲哉さんも美形だが、牡牛座ラグナだからではないかなと思える。

a0311886_23153328.png


川瀬智子さんは南野さんと同じで、一つの星座(水瓶座)に木星と金星が同居するタイプだが、仮にラグナが牡牛座なら第10室は水瓶座だから、天職が芸能系というので南野さんと重なる。

南野さんが川瀬さんに対してアドバンテージを持つ点は、第10室が蟹座で、木星が高揚する星座だということ。川瀬さんも、水瓶座は土星が支配する星座なので、金星にとって居心地は悪くないが、それでも高揚には劣るかな・・・。

私は一時期、川瀬さんに浮気していたのだが、動画サイトでたまたま南野さんを検索したのが縁で、また南野さんに戻ってきた。まあ、奥田さんと結婚した時点で川瀬さんは諦めたのだが、金星系は美人だからしょうがない・・・。

私の場合は十代後半~三十代の南野さんの動画に執着するタイプなので、御結婚された現在の南野さんにも執着するわけではないが、雰囲気というか、ナデシコの威光を保っておられる点は、素晴らしいなと思う。

南野さんは十代の頃に、一時期ポッチャリしていた時期があって、その頃の写真を見ると、私のナデシコ幻想は衰えを見せる。だが、ヨーガによって痩せた南野さんの写真を見ると、「まさにヴィーナス!」と絶賛してしまう。

したがって、脂肪が多い女性はダイヤの原石であり、そのままでは男心を引き付けることはできず、痩せた時にはじめて「あんたさんの値段はなんぼ?」の領域に入っていくのだ。




参考資料

天皇・皇后両陛下御退位に寄せて

観音経(法華経普門品)

法華経は、旧版と新版では霊力が違う?

有名人データベース PASONICA JPN

川瀬智子 ウィキペディア

南野陽子さんの星回りを考察

出生時間の分かる有名人まとめWiki from2ch
https://seesaawiki.jp/w/fortune_moon/d/%c6%fc%cb%dc%bf%cd%a4%de%b9%d4


# by saiyans | 2019-09-14 00:02 | 南野陽子 | Trackback
2019年 09月 13日

QAnonファンたち

a0311886_12034825.png
a0311886_03440258.png
a0311886_03441715.png


# by saiyans | 2019-09-13 00:59 | QAnon | Trackback
2019年 09月 12日

惑星と音階とチャクラの共鳴(少し改訂版)


a0311886_01541203.jpg


土星が「ド」の音から始まるのは偶然か・・・。「ミ」の音と木星の頭文字がMなのも偶然か・・・。惑星の序列がそのまま人間の7つあるチャクラと対応することも・・・。

赤色の土星の内的な意味は“地に足を着けること”。木星は“性道徳を守ること”。火星を象徴する黄色のチャクラは胃の位置にあって“個人の力”を意味し、月の緑色はハート・チャクラ、心臓に位置し、シヴァ神の頭を飾る涼やかな恩寵を。金星の藍色はコミュニケーションの座を。水星の群青色は、永遠のものと一時的なものを識別する知性を象徴し、同時に“第三の目”を意味する。太陽は頭頂の王冠で、解脱を意味するアートマン(超越意識)の座だ。

太陽と土星が互いに反目しているのは、両者の距離が最も遠いからだろう。事実、頭頂の太陽を表すアートマンは、シュードラを意味する足から最も遠い。

カースト制の頂点であるブラーミン(僧侶)は、アヴァター(神の化身)を模範とすることでヨギ(ヨーガ行者)の位に登る。

クシャトリヤ(王族、統治者)もアヴァターを模範とすることでブラーミンを目指す。

ヴァイシャ(商人)もアヴァターを模範とすることでクシャトリヤを目指す。

シュードラ(上位3階級に仕える者)もアヴァターを模範とすることでヴァイシャに登る。


シュードラは下で支える神だ。いつトップに呼ばれて最上段のメロディーを任されるか分からない。だから練習(修行)して備える。

純粋さがトップ(メロディー)に来る。小学生、中学生、高校生、大学生は4声の和声のようなものだ。メロディーは美しい心の調べが音階となって表現される。実際、小学生は声が高い。ソプラノだからメロディーにピッタリだ。大学生は心が小学生たちよりも汚れているはずなので、低音で支える。

神の化身クリシュナは叙事詩マハーバーラタの中で、「ブラーミンは我が口より、クシャトリヤは我が腕、ヴァイシャは股(もも)、シュードラは足から生じ、四ヴェーダもわたしから生まれた」と述べているが、クシャトリヤは腕を司るので、上と下の面倒をみないといけない。髪を切ってあげたり、足の爪を切ってあげたりなどだ。シュードラ的気質の者は自分のことで精一杯で他者にまで気が回らない。

ヴァイシャもほぼ同じだ。政治家に相当するクシャトリヤは物心両面に余裕があるため、上と下の面倒をみる義務がある。彼らは神からの信託がある。

4声の和声は4つのヴェーダ(天啓聖典)、4つのカーストを表す。同時に“生まれ変わり”、輪廻転生も表現している。4カーストを上下する様だ。やがては聴こえない音(神)に向かう。

音は静寂の中でこそ美しく響く。神は静寂という音だ。音楽はテンポが速過ぎても歌えない。ニルヴィカルパ・サマーディーは「無心の心の美しさ」だから最上だ。サットヴァ(浄性)の優位なブラーミンを超えている。

何がカーストの違いを生むのかというと、「行為と規律」だそうだ。果物も熟しかけのもの、完熟、まだ青い、などがあるが、それらの味わいに違いがあるのは当然だ。

9th(9度)、11th、13thの3つは「テンション・ノート」といって、このいずれかの音を下のド・ミ・ソ・シに加えることで音がゴージャスになる。特に坂本龍一さんは9thコードの使い方が巧くて、とても勉強になる。
a0311886_04131061.png
9thの「レ」をルートの隣に持ってきて、ド・ミ・ソの三和音と同時に鳴らすとクローズド・ボイシングになってJazzっぽく響く。11thや13th、または♯11th、♯13thも同様に、内声に入れると気持ち良くサウンドする。



a0311886_01522752.jpg
下から長3度間隔でド・ミ・ソ・シ・レ・ファ・ラと7音。これを転回すれば、どの音もトップ(メロディー)に成り得るし、バス(低音、ベース)に成り得る。


a0311886_01524241.jpg
上の、縦のハーモニー7音を、横のスケールにしたもの。ピタゴラスが説いた「惑星の音楽」は、おそらく人間に備わる霊的システムである、7つのチャクラ系の周波数(振動数)と共鳴する。このバイブレーションによって、音楽は個々人の感性に訴えているのだ。

a0311886_01525177.jpg
9thコードの転回形に色を付けた。第1転回形は1番下の土星がトップに来て、下から2番目だった木星が低音を支える。作曲時にメロディーとハーモニーが合わない時は、このように上か下に転回して行けば何処かで合う。音程構造は変化しても、構成音は同じ。


将棋なども、局面が美しいかどうかは、その指し手が棋理に合っているかどうかで決まる。指し手の流れが自然かどうか。バッハも弟子を指導する際に、和声学の法則を外れた無理筋は認めなかったそうだ。

将棋では、駒の利きがあれば、各駒の連携で前線に攻め駒を前進させることができる。

オーケストラでも、各パート譜として個々の楽器が段々に分けられていても、低音のバスが、ある局面でルートを支えてくれていれば、上のセロ、ヴィオラ、バイオリンはルートの音をバスに任せて、他の構成音を鳴らせる。音符の利きがあれば、和声の流れが繋がる。和声の補声関係と駒の連携は、ハーモニーを形作る際のヒントになるだろう。

ピアノの鍵盤を見ると、12音1オクターブが7つと半あるが、これを組み合わせることで無限のバリエーションを生み出せる。このことは、各チャクラの発達度合で、個々人のパーソナリティーに無限の変化が現れることと似ている。


赤は怒りの色。土星の力を引き寄せる。怒っていると土星のマイナスの力がその人に作用する。

オレンジ色チャクラは性のエネルギーの統制。性のエネルギーを乱用し、性行為の統制に失敗すると、木星に反発される。

黄色チャクラはパーソナル・パワー(個人の力)の座。他者に迷惑をかけたり、依存したり、礼を失することで、火星のマイナスの力を引き寄せる。

緑色チャクラは愛の色。与えることが無く、人を許さないことで、月の加護を遠ざける。月に近い地球に生まれること自体が、自己の愛を成長させる必要性からなのだ。


しかし、緑色の下の3色で躓くと、愛まで届かなくなる。神(愛)とは霊であるため、信仰の衰えも、個人及び国家の衰退を齎す。このことは中国や北朝鮮などの共産主義国家が証明している。


火星(黄色・個人の力)と金星(藍色・愛)が混ざると月(緑色)になる。火星(黄色)と金星(藍色)の親和が要る。

おそらく、相対的な物(一時的な物)と絶対的なもの(永遠のもの)を識別できていないと、水星の力にやられる。でないと水星の力は、究極的には、その人になんの恩恵も齎さない。


カーストの違いで見ると、一見、物理的な仕事は霊的な仕事に劣っているように見える。でも、その仕事によって自立していれば火星の力を跳ね返せて、性道徳を逸脱しなければ木星の加護を得られる。“欲望から怒りが生じる”と神の化身クリシュナは説いているので、欲望が無ければ土星の力から自由でいられる。物質への飽くなき欲望が困難の原因だ。ブッダも、「チリは家の生活から生じる」と言っている。「家無し」がベスト。ブッダや空海たちも、そのことに気づいて出家したのだと思う。

五大元素(地・水・火・風・空)の「地」(大地)も「水」(川・海)も火(太陽)も、「風」、「空気」も、人間に使われても何も言わない。与え続ける。

このことから、自然という最高の教師から学ぶのがベストだ。


モンゴルの民族楽器、馬頭琴で「シ」(もしくは「ラ」)の高音を鳴らし続けると、それを聴いた人はトランス状態になり、ヨーガ行者の皮膚を太い針が貫通しても痛がらない。おそらく麻酔物質が脳内から盛んに産生されることで、痛みを感じなくなるのだろう。

私たち一般人は高音の「シ」よりも数オクターブ下の周波数で振動しているのだと思う。脳に働きかけている超音波が低い。おそらくアマチなどの聖者たちは高いのだ。


ピアノも7オクターブ半あるが、私たちは3次元の3オクターブあたりにいるのだろう。4次元の4オクターブ目からは霊的次元なので、地上で霊的修行を積んだり、道徳的な生き方を実践してきた者たちなどに門戸が開かれる。愛、識別、信仰、奉仕などの霊性を発達させた魂たちは、この狭い門を通れる。


イエス・キリストは言う。
「狭い門を通って入りなさい。滅びに至る門は広くて大きく、そこを通る者は多いからです。しかし、(永遠の)命に至る門は狭く、それを見い出す者は少ないのです」


和音もド・ミ・ソの3和音にシを加えると、更に美しく響く。ド・ミ・ソ・シで4和音。4次元についてもこれと同じだと思う。5次元からは神界らしいので、更に素晴らしいだろう。9thのレを加えて5和音。どういう世界なのか想像もできない。

ブッダもイエスも空海も、その当時からものすごい「人気者」だった。現代の神人サティア・サイババやアマチもそう。人間は、上の音域に上がれば上がるほど、霊性が高まれば高まるほど、それよりも低い周波数で苦しむ人々を惹き付けるようになる。群衆がその周りに集うようになる。愛の周波数というのは、それくらい強烈なものなのだ。

相手が、なんの見返りも期待できない自分を愛してくれた時、人は感動する。愛は無心で為される純粋な行為なのだ。そこに「自分」という考えは無い。聖者たちはサマーディーに入っているため、心が完全に消滅している。これは愛の特徴である「無心」と一体化しているということだ。

人間が瞑想や苦行や慈善行為などをするのは、少しでもその普遍の境地に近づきたいという、無意識がそうさせるのだ。




参考文献

「マハーバーラタ」第二巻 森の巻 三一書房
聖仙ヴェーダ ヴィヤーサ 著
山際 素男 翻訳

「真実のサイババ」 三五館
青山圭秀 著

「バガヴァッド・ギーター」 岩波文庫
上村 勝彦 翻訳

「新世界訳 聖書」 ものみの塔

「ドンファン・シリーズ」 二見書房
カルロス カスタネダ 著

「バッハの思い出」 講談社学術文庫
M・アンナ・バッハ 著 山下 肇 翻訳

「カシオペアの本」 立東社

「バイブレーショナル・メディスン」 日本教文社
リチャード・ガーバー 著
上野 圭一 翻訳 真鍋 太史郎 翻訳

「マジカル・ヒーラー」 工作舎
スタンリー・クリップナー 著 笠原 敏雄 著
アルベルト・ヴィロルド 翻訳

「音楽の本質と人間の音体験」
ルドルフ・シュタイナー 著 西川 隆範 翻訳

「金星(ヴィーナス)伝説」
歌: 南野陽子
音源欣赏】三代飞女刑事纪念专辑《ラストメモリアル-麻宮サキよ永遠に》(斉藤由貴



本文中の「モンゴルの民族楽器~ヨーガ行者の皮膚を太い針が貫通しても痛がらない。」の部分は、ジャニーズの方(たしかTOKIOの国分太一さん)が出演していたTV組で放映されていたのですが、番組名を忘れました。


# by saiyans | 2019-09-12 02:34 | 人間の霊性についての考察 | Trackback
2019年 09月 10日

「Eye The Spy」の言葉




Qに似てるんだよなー「Eye」って。

しかも一言一言が深い。

JFKの発言にも似てる。


「Eye」はトランプ政権内のスタッフらしいんだけど、その知性は、今直ぐにでも大統領になれるくらいのレベルだ。

これがアメリカの実力なんだよなー。

日本の現政権なんて、将来の不安しか国民に与えられないのに、彼らトランプ政権には希望だけがある。


空海が言うには、聖徳太子などは千年に一度生まれてくる「聖天使」と言われる魂だそうだが、なにか治世だけでなく、国民の徳性をも高めるような、そんな魂が指導者になってくれたらなー、と願わずにいられない。




参考資料

「真宗聖典」 東本願寺出版部

「空海コレクション1」 ちくま学芸文庫
空海 著 宮坂 宥勝 監修 頼富 本宏 翻訳

やのっち(。・ɜ・)d ツイッター


# by saiyans | 2019-09-10 01:05 | QAnon | Trackback
2019年 09月 08日

南野さんとの日々(13) 手編みのセーター


南野陽子さんの、「さよならのめまい」という曲のジャケットを見ていた時、ふいに次のような妄想が私を包み込んだ・・・。



陽子と迎える冬も、もう幾年・・・


我が家で毎年行われるイベントの一つには、妻が私にプレゼントしてくれるセーターの授与がある。

私はサイババの教えに従い、妻を専業主婦として家事に従事させているが、彼女はその時間を有意義に用いて、家族を喜ばすための技術習得に余念がないようだった。

その技は広範に及び、ケーキやクッキー、パン作り、家族が冬に身に付ける手袋を編んだりなど、ほんとうに「彼女なくして我が家なし」と言えるくらいの活躍をしてくれるのだった。

その中でも感動的なのが、手編みのセーターのプレゼントで、夫婦お揃いのものをいつも二着作ってくれるのが恒例になっていた。


最近は娘たちも気を遣ってくれて、こういう時は早々に自分の部屋に退き返し、二人だけにしてくれるのだった。

それでもやはり、結婚して初めて迎える冬にプレゼントされた時は、感動もひとしおだった。



あれは15年前の、ある冬の日・・・


私: 「ただいまー」

妻:「おかえりなさ~い」

私:「いや~今日は疲れた。とにかくくたびれた。」

妻:「お疲れ様です。ゴハンを食べて、しっかり休んでください」

私:「はい。じゃあ いただきまーす」


妻:「おいしい?」


私:「うますぎる」



私:「ごちそうさまー。・・・ 最近寒くなってきたよねー。」

妻:「・・・ ちょっとプレゼントがあるんだけど・・・」

私:「ん?」

妻:「これ・・・」

私:「セーター ・・・ 。 高かったでしょ?」

妻:「自分で編んだんだよ~ん」


私:「!」 ・・・・・・(感動で胸が詰まる)



私:「着てみていい?」

妻:「どうぞ」


私:「うわーピッタリだ。すごいねー!こりゃいいわぁ」

妻:「喜んでくださってなによりです」


なにやらもう一つ取り出す妻。


妻:「じゃ~ん!」

私:「!・・・ お、お揃いだぁっ」

妻:「そう!夫婦だから・・・」


私は心底、この人と結婚してよかったと幸福感に包まれた。


あまりにも嬉しかったので、その日から毎日着ていたのだが、なにか大きな愛で包まれているような感覚があり、やみつきになってしまった。

「ペアルックとか恥ずかしいよなー」などと思っていたのに、いざ彼女とお揃いのセーターで街を歩くと 胸がウキウキで、以前の言葉を撤回し、「浅はかだった」と深く反省するのだった。


おそらく「手編みのセーター」というのは、日本人男性の八割が求める夢のアイテムだと思うが、それをこうも易々と実現できてしまったことで、身に余る幸運を神に感謝した。


彼女の星回りを見ると、主に「物質的富に恵まれる」という相が出ているのだが、一方の私はどちらかというと「霊的な富に恵まれ易い」相なので、お互いに相補的な関係が結べるのだ。

彼女は私を主に物質面でサポートし、私は彼女を霊的な面でサポートする。


公平な交換が実現するというのも、良い結婚の一例かもしれない。




参考資料

「サイババ 神の御業」 中央アート出版社
天上昇 著

「サンカルパ」 三五館
青山 圭秀 著

Best Hit Generation 南野陽子特集


# by saiyans | 2019-09-08 23:02 | 南野陽子 | Trackback
2019年 09月 07日

宝物をゲットした夜


TRFの歌の中に、「人生の宝さがしだね」というのがあるのだが、今日は宝を掘り当てたと言えることがあった。

この南野陽子さんの写真だ。

a0311886_02021817.png


ツイッターに、しのしさんという強者(つわもの)がおられるのだが、その方がフォローするpastel_touchさんのツイートを見ていたら、この写真に出会えた。


なんて言うかなー ・・・。相対的な世界に生きてるんで、誰の顔でも昨日と違うというか、へたすると さっき鏡で見た時と違う顔に変化してしまうのを体験し続けていると、アイドルでも避けられない定めだろうな、と思う時がある。

南野さんも例外でなく、やはりそれぞれ写真に写る顔が微妙に変化したりして、これだと思えるベストショットはあまり・・・・・ ないかなぁと思っていたところにこれが来た!

こういう時の顔って心も同時に純粋な時だと思うんだよね。本人が何も意識していない、外見のことなんか気にもとめないという状態が現れた時にベストショットが残せる。

無念の時には心の表層に神が浮上しているわけで、自然に輪郭からなにから美しくなってしまう ・・・?

a0311886_01561883.png


現在、月が射手座にあって、私としては運が上がる状態なので、こういう幸運に巡り合えるのですな。

南野さんも月が射手座なので、今頃はなにか幸運に出会っていると思うなー。


# by saiyans | 2019-09-07 02:07 | 南野陽子 | Trackback
2019年 09月 06日

南野女子学院の理念




以下、学長の言葉。


「この女子校は、たとえ理想の男性がいても、これまで一度も話しかけられないほどの純情が胸に宿る、そんな女性像を実現する唯一の学校として創建された経緯があります。みなさんはあらゆる女性が本来そうあるべき婦徳の真髄を体得するために、この校舎を選んだのだということを、常に念頭に置いて、学業に励んでください。」 以上。


校則の中で最重要なのは、「ストレート・ロングヘアー」、「ロングスカート」であること。ミニスカートは、退学処分です。


降誕祭が行われる毎年6月23日に、学校名の由来となった名誉教師の南野陽子さんに来ていただいて朝礼台に登ってもらい、「話しかけたかった」を振り付きで歌ってもらいます。全校生徒はそれに合わせて振り付きで歌うことになります。

その後は、一番うまいと判断された生徒が毎回朝礼台に登り、歌います。

ヤマトナデシコを育成するために作られた学校なため、商業的な目的はありません。

習うのは基本的な学問のほかに、ダルマ(道徳)、料理、裁縫、女性らしい所作、和服の着付け、将棋、弓道、絵画、インド占星術とプージャ、作/編曲、作詩、公共への奉仕(慈善行為)などです。


我が校の名誉学長である、神の化身サティア・サイババの言葉が、教師たちの目標です。


「女性たちは、深く根ざした美徳と、諸聖典に定めてある女性としての理想に対する確固とした信念とに身を固めて、この学校を卒業しなければなりません。そうしてはじめて、彼女たちは、母親として、自分の子供たちを賢明で美しく、有徳で力強い、世界の市民として育てることができるのです。これこそが、世界が突入しようとしている惨事を逃れる唯一の方法です。

現在、女学校や女子大学で行われている教育は、彼女たちを、「好ましい母親」ではなく、「好ましい妻」にすることを助けるだけのものです。自然であって、避けることのできない母親の役割が無視されており、二義的で目先だけのきらめきが重視されています。」


サイババは女性の在り方について、こう述べています。


「女性が家の中にいない時は、世の中が大混乱しています。女性は常に家の中にいなければならないのです。人類の中で女性というものは、家の中で価値があります。家をご覧なさい。女性によって家の中が変わります。家を見て女性を見なさい。母が子をお腹に宿し、赤ちゃんが出来るということは、沢山の犠牲を払っています。母親は子供にとって初めのグル(霊的導師)です。母を神としなければなりません」


南野陽子さんの諸映像から、受け取れるだけの、女性としてのあらゆる所作、立ち居振る舞い、徳性を吸収し、生徒たちを地上に舞い降りた女神の領域にまで上昇させるのを目的とした学校ですが、基本理念の根幹にあるのはサティア・サイババの教えです。



以下は、入学時にご父兄に手渡されるパンフレットです。


相対的なこの世に生きる中で、絶対の価値観を学ぶことが可能な我が校は、神に祝福された霊的な学校と言えましょう。

大切なお子様をお預かりする私たちは、唯一のゴールである神の愛に、彼女たちを帰融させることを目指しております。

家庭に於ける教育と、校舎に於ける教育が相携えてこそ教育は真に前進できます。

ご父兄の皆様の、なによりのご理解をいただきたく存じます。


日本という母国に誉れを齎す人財の育成に力を入れてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどを、どうかよろしくお願い致します。




参考資料

「教育に関するサティア サイババのメッセージ-人格形成のいしずえ 」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
サティア サイババ 著 牧野 元三 監訳

「サイババ 神の御業」 中央アート出版社
天上昇 著

「サイババ 神の降臨」 中央アート出版社
大橋信史 著

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳

「平安・瞑想・大成就」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
サティア・サイババ 述 若林 千鶴子 訳


# by saiyans | 2019-09-06 12:09 | 南野陽子 | Trackback