ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 09日

土星期の生き方


土星期やラーフ期、各凶星がネイタルの各惑星にアスペクトする時期など、人生は苦しみが大半を占めている。過去世の罪の結果を、惑星のエネルギーが芽吹かせるのは分かったが、では個人はどのようにその悪影響に対処すればいいのか?最初は混乱すると思う。そこで、ここ10年ほど実践してみて効果が確認された罪の減殺法を紹介したい。


a0311886_1305097.jpg

↑これは磨き前と磨き後の様子。このベンチはいつもお弁当を食べる時にお世話になるので磨かせてもらった。公園やバス停のベンチを拭いたりすると、怖い人が急に優しくなるなどの不思議を体験してきた私は、ほぼ毎日のようにそれを実践するようになった。

a0311886_136955.jpg

↑このようなゴミ捨て場には、戸にスライドさせるバーが付いている。キーキー音をたてるのでホーム・センターで買ってきたグリスを塗って対処する。これで静音になる。



a0311886_14132072.jpg


↑これはゴミ捨て場のタイプ2。やはり横にスライドさせるバーで開け閉めするタイプ。これもキーキー音をたてるのでグリスを塗って対処する。


a0311886_1311792.jpg


↑ゴミ捨て場の、スライド棒のロック部分の裏側に百均で買った吸音シール(隙間シート)を貼るとさらに静音化が促進される。


a0311886_13123997.jpg


↑ゴミ捨て場のタイプ3。これも横にスライドさせるバーの開閉式だ。やはりキーキー音をたてるのでグリスを塗って対処。静音化した。


a0311886_13134428.jpg


↑あるマンションのゴミ捨て場。閉める時にうるさそうだったので、勝手に吸音シールを貼らせてもらった。百均のシールだ。バッチリ音を吸収していた。



a0311886_13143880.jpg


↑このようなゴミ捨て場のドアは軸が錆びてキーキー言いがち。潤滑スプレーをさしておいた。


a0311886_1316885.jpg

↑ゴミ箱はこのように、手を拭いた紙が溢れていることがある。これは足の先で押してやればOk。


a0311886_13165031.jpg
↑これは空き缶入れ箱。汚れていたので拭いた。雑巾を濡らして小さいコンビニ袋に入れておくと乾燥せず、いつでもどこでも拭ける。雑巾は袋に入れっぱなしにしておくと、ムレてカビ臭くなるので、袋から雑巾を取り出すごとに袋を裏返すと良い。

3.11の時、私は本屋で立ち読みしていたのだが、あまりの騒乱ぶりにこの濡れ雑巾を入れたナップ・サックをお店に置き忘れてしまった。1週間後くらいで手に戻ったのだが、カビ臭くなっていた。ここの店員さんは立派だった。最後の1人が店から出るまで声を上げて誘導していたから。




a0311886_13172236.jpg

↑ソーラー自販機。ソーラー部分が汚れるので、定期的にタワシで磨く
とよいと思う。その時は空き缶入れ箱を逆さにして、その上に登って磨くか、自転車の脚立を立てて、荷台に登ってやる。


a0311886_13174297.jpg

↑家の近くにある学生用共同宿舎には、ネコを愛するボランティア・チームによってネコたちが飼われている。ケースに穴を開けて、その穴からネコが出入りできるように工夫してあるようだ。中には布団が敷いてあって冬も暖かみたい。私はインドのサティア・サイババの教えに感化されているので、肉を食べないようにして15年目になる。買った弁当に肉が入っていたり、家で用意された食べ物に入っていた時には残しておいて、ここのネコにあげている。食べ物が食べ切れない時もここのお世話になる。

ジョージ・ハリスンが帰依していた聖者は「牛を食べるのは、母乳を与えてくれた母を殺して食べるようなものです」と言っていた。確かに牛乳を飲ませてもらっているのに、その彼・彼女らを殺して食べるのは無慈悲だろう。目から鱗が落ちる説法だった。一刻も早く肉に代替できる食品を開発して、動物たちへの過ちを止めるべきだろう。この辺はイギリスやアメリカなどの先進諸国の方が積極的で、ベジタリアンに移行する人たちが増えている。おそらく、シルバー・バーチの影響だと思う。


a0311886_1318642.jpg

↑バス停留所のプレートも青カビが生える。雑巾で拭いてきた。


a0311886_13182317.jpg

↑左右確認のミラー。かなり汚れているものもあるので、濡れ雑巾で拭き取る。自転車のスタンドを立てて荷台に乗って拭くか、近くにある空き缶入れ箱を借りて裏返し、その上に載って拭く。


a0311886_13184023.jpg

↑お店にあるトイレの換気扇。けっこうホコリで詰まっていたりする。徳積み(笑)スポットとして活用できるだろう。


a0311886_13201920.jpg

↑こちらは別の公園のイス。上が磨く前、下が磨き後。このイスは毎年、大掃除と題して町中のイスを磨く時にいつも磨くので、比較的キレイだ。


a0311886_14213968.jpg

↑公園のイスの足置き場が泥になっていたので、落ち葉を撒いておいた。作業途中で年配の方が座られたので、図書館からの帰り際にもう一度撒いてきた。


a0311886_1410499.jpg

↑近くの公園にある、いつもお世話になっているベンチ。ペット ボトル3本に水を汲んでタワシで磨く。人工の滝がある公園なので、そこの水を使わせてもらう。ベンチによってはトゲが出ていて危険なので、気をつける。何年か前にもグサリと入って悲鳴を上げた。

a0311886_14103657.jpg
          
a0311886_14104422.jpg

磨き終えたところ。乾燥するまで待って、止め木の穴などを紙ヤスリで磨く。乾いた雑巾で拭いてみて、引っかかるようなら全体を紙ヤスリで磨く。


a0311886_1432974.jpg

↑男性の小便用トイレ。上の平たい所が汚れるので濡れ雑巾で拭く。


a0311886_14322395.jpg

↑あるゴミ捨て場で掃除をしていたら、ゴミに紛れてたまたま見つけた荷物掛け用フック。公園のトイレにはそういえば付いてないなと思い、取り付けてみた。


a0311886_14331228.jpg

↑公園トイレの手洗い場。蛇口の上のネジによく汚れが溜まる。タワシで磨いておく。下水への穴には色々な物が詰まるが、指で取り除く。洗い終えたら陶器のオケ部分をよく手で洗ってからトイレを出るようにする。


a0311886_14332635.jpg

↑ある会館のトイレ。植木鉢を入れるプラスチック受け皿にトイレ ロールを入れておけば、紙が切れても安心だ。百均ショップで買った。紙ロールを通すローラー棒も古いタイプだったので、新しいのをホームセンターで買って寄付した。


a0311886_14333930.jpg

↑トイレ ロールを付けるケースも、上の所が汚れるので拭いておく。


a0311886_14335118.jpg

↑トイレ大用の流し水溜め兼 手洗い場。ここも汚れるので雑巾で拭く。


a0311886_1435591.jpg

↑トイレの手洗い場。この電灯は両側のネジを外せばケースを外せて、中に入っている虫の死骸を取り除ける。雑巾で拭いてから元に戻しておく。


a0311886_14351833.jpg

↑公衆トイレの電灯。蜘蛛の巣がすごい。私はこういうのは拭くのを避けている。なんか嫌なことが起こるからだ。蜘蛛にとっては家だから、やはりヤバいのかも。委託された第三者によって清掃がなされるべきなのだろう。同様に私は空き缶拾いも避けている。虫の住処になっている可能性があるからだ。※作業後に「オーン・ナマ・シヴァーヤ」と308回唱えれば、蜘蛛の巣を取り除いても不吉な事が起こらないと分かったが、できれば避けた方が無難。


a0311886_1404311.jpg

↑公園のルール板。これはまだキレイな方
だが、かなり汚れているものもあるので、気付いたらタワシで磨いておくと気持ちいい。


a0311886_157121.jpg

↑公園の水飲み場は、子供たちが砂場の砂を持ってきて埋めてしまう(笑)ので、定期的にショベルで掘って砂を砂場に戻しておく。この前掘っていたら蝉の蛹が3匹出てきた。公園にある木の根元付近を掘って3匹を埋めておいた。今年の夏には出てくるだろう。細かいゴミなんかも出てきたので、砂を洗い落してゴミ捨て場に捨てておいた。


a0311886_1561782.jpg

↑公園の、青カビで浸食されたベンチ。木陰の
ベンチは大体2年くらい放っておくとこうなる。木の葉の葉緑素が雨水で滴り落ちて、それが何度も続くとこうなるようだ。こうなると力を入れて磨かないと落ちないので一苦労。私はまだ、市役所がこの手のイスを磨くように業者に指示するのを見たことがない。まあ、でもこの色も味があるといえば確かに一理あるのだが、あんまり誰も座らないので磨くべきだろう。

マンションやアパートなどの住居に近い公園の
ベンチは、汚れっぱなしの方がいい場合もあるかもしれない。きれいだとみんな頻繁に座りに来るだろうし、近隣の人がしゃべり声で迷惑する場合もあるかもしれないからだ。

それと、公園にバスケのシュート台が時々あるが、リングに付いているネットが金属製のものがある。これも近所に人が住んでいる場合、騒音防止のために紐製に変えた方
がいいと思う。


a0311886_1414415.jpg

↑百均で買った「潤滑スプレー」、「ミニ箒、塵取りセット」、「
雑巾3枚入りパック」。近くのゴミ捨て場のドアがスライド式で、キーキー言っていたので潤滑スプレーを吹きかけておいた。その日はあまり直らなかったのだが、次の日に行ったら鳴らなくなっていた。ミニ塵取りは歩道の雪をこれで除いていたら、すぐに壊れた。雑巾は濡らして絞り、小さいコンビニ袋に入れて持ち歩けば、いつでも使えて便利。


a0311886_142152.jpg

↑信号の「押しボタン」。赤文字が見えずらいので、雑巾で拭いておいた。


a0311886_1421973.jpg

↑これは神社の石畳。小石がたくさん上がっているから、足で掃いておく。


a0311886_143123.jpg

↑街のマップ。これも汚れるのでタワシで磨く。磨き終えたらペットボトルに入れた水で洗い流す。ペットボトルのキャップの先端に
カッターで小さな四角い穴を開けておくと、水道水の消費量をかなり抑えられる。


a0311886_1441120.jpg

↑道路脇の、カタカタ言う生活排水路カバーだが、コンクリでできているのでカタカタ、ひどいのはガタガタ音がスゴイのだ。私はいつも通る、隣町のこのような生活排水路のカバー音が気になっていたので、市役所に手紙を書いて陳情したところ、すぐに工事してくれた。「あそこに住む人たちは夜眠れませんよ」とか「夏は窓を開けられないでしょうね」などと泣き事を言ってみたら同情してくれたようだ。言ってみるもんだ。
左の写真は、工事前はこんな感じだったというイメージ写真で、右が工事後のもの。これで静音化された。


a0311886_1444199.jpg

↑道路脇の鉄網カバー。コンビニは深夜も営業しているから、これがガチャン ガチャン言うタイプだったら近所の人は夜も眠れないだろう。夏は窓も開けられないので悲惨を極めるはずだ。

a0311886_145024.jpg


↑大建工業の防音シート。10メートルで8000円だった。これを細長くカッターでカットして裏に両面テープを貼り、ガチャン ガチャンうるさい道路脇の生活排水路用 鉄網カバーの裏側両サイドに貼ると静音化される。


a0311886_1452813.jpg

これは道路脇の歩道。どうも頭に枝が当たるので、小ノコギリで往復500メートルほど、両サイドの枝をカットした。神社で仕事の成功を祈願し、2ヵ所ほどやらせてもらったが、誰かが市役所に連絡を入れたのか、次の日 私がカットした枝を業者の方が車で回収していた。市民に自治的な雰囲気が出ると納税してもらえなくなると思うのかなと勘ぐってしまった。早めに市民の草の根活動は潰しておこうみたいな・・。まあ、これは冗談だが、枝をカットしたら自転車で通ってもぶつからなくなった。でも、木の枝カットは専門の業者がやった方が正解だろう。誰かに委託されてやるのは第三者的に関わるわけだから、木の神様も怒らないだろうし。昔、高野山に行った時に白アリ駆除業者が大きな白アリの供養塔を立てて供養していた。塔には「白アリよ、安らかに眠れ」と書かれていた。


a0311886_1455075.jpg

↑道路標識。一番下だけ拭いてみた。上の2つを見ると、どれだけ汚れていたかが分かる。こういう標識の汚れとかってあまり役所は気に留めないから、気がついた人が拭いておくといい。町内の小さなメンテナンスは市民の仕事なのだ。


a0311886_1462361.jpg

↑病院の電話帳が乱れていたので、使わない本立てを寄付した。縦置きになって、手に取り易くなったと思う。


a0311886_1463863.jpg


↑病院に備え付けられた公衆電話用のメモ用紙。私の提案が採用された。これもペンや紙を持ち帰る人がいて困るが、その度に補充させてもらっている。言い出しっぺなので。


a0311886_1465164.jpg

↑ある病院の本棚。ブック・オフなどで、ためになりそうな105円の本を買い込んで、よく寄付する。持ち帰ってしまう人がいて、次々に補充しないと間に合わなかったりするが、それだけ共感してくれたんだと思うと嬉しくなる。ブック・オフで買ったら、黄色くならないセロテープでカバー内側両サイドを留めて、ズリ落ちないようにする。一応、本の天辺と1ページ目に病院名をボールペンで書き込んでおく。それと、ブッダや空海、道元などの言葉も、最終ページ手前ぐらい
に書き込んだりする。ああした方々の御言葉は普段聞きたくても聞けないと思うから。

「将棋世界」という専門誌もよく寄付するのだが、雑誌サイズが丁度CD-ROMが収まるくらいなので、自分が収集したフリーのコンピュータ将棋プログラムや、役立つフリー・ソフトなどを入れて、紙のCDケース(袋)に入れて、「将棋世界」の最初のページにテープで貼り付けて本棚に置いてくる。CD-ROMだけ持ち帰る人や、雑誌だけ持ち帰る人もいて、反応は様々。

病院内には、「当病院についてのご意見を伺わせてください」というアンケート用紙があるが、これに自分の提案を書き込むと採用されることがある。例えば各階の休憩室に碁石と碁盤、将棋の盤
を置いてほしいとお願いしたら置いてくれた。でも今思うと碁石や駒の音は休憩している他の人たちには迷惑かもしれないから、読みが甘かったなと思う。


a0311886_15115582.jpg

街で出会う大学生たちの自転車は、チェーンが錆びているようで、すごい音がする。特に女の子がキーキー音をたてて自転車に乗っているのを見ると悲しくなる。なので「万能オイル」を105円で買ってきて、自転車置き場近くの休憩所に置いてきたら、みんな使ってくれた。


参考までに以下、学生ができるボランティアの一例を紹介。

●コンビニ袋に、濡らして絞った雑巾を入れて携帯し、公園のベンチを拭く。緑色に変色しているベンチは木の葉の葉緑素が雨の日に滴り落ちて付いたものだと思う。ペットボトルに汲んだ公園の水道水
を使って、ベンチをタワシで磨くと運が上がるので、試験前や試合前にやっておけば、本番で神風が吹くはずだ。

●風が強い日や台風の後は、木の枝が道に散乱しているので、端に寄せると、みな助かるでしょう。石ころも同様に寄せておく。

●オレンジ色の左右確認ミラーは葉緑素で緑色に汚れる。自転車のスタンドを立てて、荷台を脚立にして拭く。

●ご飯の食べ残しは公園の池にいる魚にあげればゴミが減る。

●いらない服や日用品、電気製品その他は、近くのNPO団体に持って行けば途上国などに送ってくれる。

●いらない本は病院に持って行けば寄付できる。健全な内容のものに限る。

パソコンの設定や修理、メンテナンスを引き受ける。具体的には、RAM増設、CPUクーラーに溜まったホコリの除去、不要なレジストリの掃除、OSのインストール、高速化、チューンナップ、トラブルへの対処、ブログの開設から記事や写真の投稿の仕方などを高齢者の御自宅に伺って無償で教えるなど。


こうした仕事の仲介は市役所などが引き受けると良いと思う。学生個々人の力が十分に発揮される各奉仕部門を設けて任に当たらせると、社会の構成員たる自覚も育まれると思う。


[PR]

by saiyans | 2014-01-09 01:24 | インド占星術


<< 開祖たちは一人で修行して悟っている      「はるか ノスタルジィ」の音楽... >>