ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

「ピカール金属磨き液」で接点復活


a0311886_21405145.jpg


「ピカール金属磨き液」(398円)で接点を復活させると、点かなかった棒電気も点くようになるし、MP3プレーヤーは長時間再生できるようになるし、電気抵抗も軽減されるから、スムーズな電力供給が可能になる。そこで「ピカール金属磨き液」の活用例を紹介したい。


a0311886_21411175.jpg

最初にティッシュを折り畳んでから角切りにしておく。こうすることでティッシュを無駄に消費せずに済む。



a0311886_2144071.jpg

ダイソーで108円のCDクリーニング液も用意。金属磨き液で磨いた後は、ティッシュで乾拭きした後、これをティッシュに染み込ませて拭く。アルコール入りのウェットティッシュで拭いてもOK。



a0311886_21445154.jpg

           小型電灯のコンセント部分を磨く。磨き前。


a0311886_21452860.jpg

             磨き後。



a0311886_21465074.jpg

a0311886_21493335.jpg

a0311886_21494854.jpg

a0311886_21484239.jpg

パソコンのUSB端子や、MP3プレーヤーのUSB端子部は、綿棒の先をラジオペンチで潰して、その先に磨き液をつけて磨く。

※綿棒は、棒の部分が「プラスチック軸」の製品の方が、ラジオペンチで先端を潰し易いのでお勧め。


a0311886_2148341.jpg

緑色でポイントした部分を磨く。ヘッドホン端子メスの穴も、綿棒の先に磨き液をつけたらティッシュで余分な液を吸い取り、中に入れて回しながら磨く。電池を入れる場所の+・-端子も磨く。




a0311886_21505516.jpg

カセットは音声ヘッドとリード用のロッドともう1箇所を磨く。「カセットテープ用ヘッドクリーナー」や「ビデオ用ヘッドクリーナー」でも映像や音声が回復しない時は、「ピカール金属磨き液」で復活させるとよい。



a0311886_21512145.jpg

 電池の+・-も磨いておくと、バッチシ。


a0311886_21513720.jpg

  ヘッドホンのオス端子も磨く。


a0311886_21521311.jpg

電球も上の2個所を磨くと点くようになる。自転車の電気もこの方法で明るく点灯する。


ADSLでネットが繋がらなくなったら、電話線を繋いであるモジュラー・ジャックの端子部(メス)内の金属線4本を、ピカールをつけた綿棒で磨くと、一発で繋がる。




リンク

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

[PR]

by saiyans | 2013-09-01 22:04 | 家電のメンテナンス


<< 輪廻転生についての考察      カルマの法則について >>