ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 28日

YAMAHA TX816の簡易メンテ


a0311886_13281391.png

※写真は(株)YAMAHA のページからお借りしました。


TX816が発売されたのは1984年だから34年前。そろそろコンデンサが液漏れする時期だ。

秋葉原の千石電商でコンデンサを入手し、半田付けすれば、末永く使えると思う。


半田線(鉛ありの物)、半田ごて、半田吸い取り線、半田吸い取り機を用意する。


TX816に使われている電解コンデンサは14個ある模様。

●16V100μF85℃2個(バイポーラ)
●16V220μF85℃4個
●16V10μF85℃3個
●16V33μF85℃1個
●16V100μF85℃1個
●50V1μF85℃2個
●25V47μF85℃1個(BP)


それとボタン電池も外してホルダ化し、CR2032にすればOK。8つある電池の容量を足し算して、TF1の丸型電池がある箇所の、2つの+・-穴に銅線を引き、その+・-それぞれを一束に纏めて、1個の電池で電源供給しようと思ったが、丸型電池ホルダの足を基盤に直付けすれば、電池が長持ちするかも、とも思うので、却下することにする。


はにはにさんのブログ記事によると、TK製(東信工業製)や、SMG製(日本ケミコン SMGシリーズ゙)のコンデンサに交換すれば、長持ちして安心なのだそうだ。日本製がベスト。


私も昔、24万円で買った中古のTX816を持っていたのだが、TF1が1本だけ、音量が小さい物があり、ベロシティーを最大にしても、ほかの7本と同じにならなかった。今にして思えばコンデンサが問題だったのだと思う。

8chデジタルミキサーのYAMAHA DMP11も持っていたが、TX816を入手する前に売ってしまっていたのと、XLRケーブルも2本しか無かったので、816の音を全開で聴いたことは無かった。

当時16歳だった私は、KX-76、KX-88などを36回払いで購入し、TAMAのキーボードスタンドも5万円で買って、向谷実ごっこをしていた。

TX816に最初から入っているブラスの音色は、小室哲哉さんが角川映画「天と地と」のBGMをソロで弾いた時のブラスと同じだと思う。ステージ裏のラック1本に、TX816が1台セッティングされていたから。




参考資料

YAMAHA TX816(株)ヤマハ

美品!! YAMAHA TF1 一台 FM音源

「KBspecial キーボードスペシャル」 立東社

「キーボード・マガジン」 リットーミュージック

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

NOZ's Stylish Sound♪

RJBlog シンセ 電子工作

uts 佐藤恭一の近況
Roland W-30修理記録 [シンセサイザー修理]

X68000レストア情報室


TV放送 「Music Party」 カシオペア&久保田利伸&土岐英史

カシオペア ライブLD 「The Party」

小室哲哉 ライブLD 「Digitalian is eating breakfast」


CXP003F商品ID:25291
衝撃特価:¥250(税抜)
(¥270 税込)
オーディオ用ケーブル、XLR(メス)-フォン、0.3m、黒

[PR]

by saiyans | 2017-08-28 13:41 | MIDI


<< 惑星と神格      プージャと浄財 >>