ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 17日

プロ御用達のパソコン修理道具たち



a0311886_19495577.jpg
OHM デジタルマルチ・テスター M-830C (04-1900)
オーム電機 

安くてもハイ・ポテンシャルというテスター。ケーブルが根元から外せて、ワニ口クリップなどに変えられるのも良い。導通をチェックして、断線していたらジャンパー線で繋いだり、電池の残り容量を計ったり、いろいろ出来て便利。










a0311886_19503889.jpg
コンデンサの容量を計る容量計で、シンプル、最高品質なのが「YF-150」と思われる。パソコンや家電の修理に必要。日本のAmazonでは買えない。

5Vのコンデンサが電子基盤に付いていたとして、それが経年で4Vや3Vに下がっていると、電気製品は動かないか、動作が不安定になる。自転車のタイヤが、たった1個の穴で前に進まないように、たった1個のコンデンサが容量抜け(電圧降下)しただけでも、家電製品は動かなくなる。コンデンサは1個30円くらいなので、修理代を何万円も払うより、YF-150で原因箇所を突き止めて、自前で修理した方が得だ。でも、プラス、マイナス極を間違えると、コンデンサが爆発するそうなので、注意が要る。
コンデンサの足2本は、新品でも結構汚れているので、ピカールで磨いた後、クリーニング液で拭いて、乾燥してから半田付けした方が良いと思う。

(株)TENMARS(台湾) 容量計 YF-150 

Tenmars SSEYL YF-150 Capacitance Meter $92.99 ドル=10302.64円

Test-Meter.co.uk £32.00 ポンド=4818.69円




a0311886_19562984.jpg
ハッコー(HAKKO) 小型温調式はんだこて デジタルタイプ FX888D-01BY



a0311886_19532533.jpg

白光(HAKKO) ハッコーFX-8804 26V-65W FX880401

ダイソーで500円の30W半田ごてで充分だが、プロが使っているので紹介した。




使えるかもしれない道具

a0311886_19535026.jpg

ABCホビー ピンヌッキー

デスクトップ・パソコンのマザーボードと電源を繋ぐコネクターの金属ピン部分が汚れで曇ると、電流が流れなくなるので、ピンヌッキーで外して、ピカールで磨けば復活すると思う。ピンヌッキー自体はラジコンのバッテリーのコネクター用なので、使えるかは不明なのだが。




参考資料

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

パソコン修理店 PC アシスト

飯能 パソコン修理 PERSIM

デジタル キャパシタンスメーター YF-150



サミーハウスblog出張所 PC-8801FE2の修理

第三研究所 PC-8801FE2 ネタ


uts 佐藤恭一の近況
FDをクランプしない X68000 PRO の修理



株式会社タカチ電機工業
「タカチ総合カタログ」(無料)は、一見の価値あり。

千石電商オンラインショップ

ニック電子オンライン通販

RSコンポーネンツ

marutsu ニッケル水素電池 2.4V 80mAh

[PR]

by saiyans | 2017-09-17 12:01 | パソコン


<< ザイログ Z80への憧れ      「鬱病」は「土星射病」だと確信した >>