ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 30日

DeepZenGoは凄いらしい


囲碁ソフトがプロ棋士を負かしたのは去年のことだが、Googleはその成果であるディープ・ラーニングの論文を公開したらしい。

囲碁ソフトを作る日本人のプログラマーは、いち早くその論文を読み、自分のソフトに組み込んだようだ。

なんか、人の成果物をかっさらって行くようで、見ていてイヤだったのだが、プロ棋士たちを負かしていく様を見ていると、自分も一度その力を体験してみたいなーと思うようになった。 

DeepZenGoは現在、「天頂の囲碁7」としてマイコミから発売されているので、詳細を調べてみると、日本棋院が協力していることが分かって、ちょっと安心した。

Googleにしても、ほかの人たちにしても、棋譜データの権利関係をクリアしてるのかな?という疑問を持っていたのだが、少なくとも日本棋院が管理する棋譜データはクリアしていると思えたので、「天頂の囲碁7」を買おうかなと思い始めた。

AMDの「Ryzen7‐1800X」という最新CPUは8コアの3.6Ghzということで良さそうだが、何分値段が高い。メモリもDDR4-2666Mhzと高性能で凄いが高い。当分は購入できないが、しばらくして安くなったらゲットしたい。


それにしても井山裕太さんを負かしたDeepZenGoは凄い。あの趙治勲さんもその才能を高く評価した井山さんを負かすというのは。


a0311886_15354643.jpg
「幽玄の間」で勝ち続けるDeepZenGo


「機械学習」の有効性は「ボナンザ」で証明されているが、囲碁にも波及効果があって、プロ棋士たちの大局観をうまく取り込んで最適化できた。

2011年頃のボナンザも沢山のCPUコアを使って最適化し、それを1つのソフトウェアに落とし込んで纏め上げたようだが、確かに機械学習時には沢山のコア数を用いたとしても、実際の対局には8コアもあれば充分強いはずだ。2010年の「激指」も8コアだったが、沢山のCPUを使った「GPS将棋」に勝っていた。


本因坊道策と安井知得という囲碁棋士は凄いと聞いていたので、彼らの棋譜をネットでダウンロードし、並べることにした。

安井知得は米長邦雄さんや依田紀基さんがお勧め棋士として紹介していたからで、本因坊道策は「ヒカルの碁」で高永夏(コ・ヨンハ)が勉強していると言っていたから。

a0311886_15384861.jpg

a0311886_15392775.jpg



古碁を並べて強くなったプロ棋士数知れずだが、古将棋を並べて強くなった棋士も数知れない。

バッハの譜面を目で追って、音楽センスを高めた音楽家も数知れず、聖典を読んで、悟りを開いた聖人も数知れない。

一つの道に邁進した彼らの創造物から、現代の私たちが受ける恩恵は数知れず。


やはり囲碁を極めたかったら、学校の成績はオール1でないと難しい。「2」が1つでもあったら、それは囲碁意外にリソースを取られてしまった証拠で、その分碁が弱くなる。

2つの道を進んだら当然、力は二分の一になってしまう。厳しい現実だ。

学校を卒業して、誰もが1つの職業に就くが、それがその人の道だ。
その道を極めるべく前進し続け、その成果物、創造物を後世に捧げる。

1つの道で満足する彼らは美しい。だからこそ後世はそれを並べ、勉強し、身につけようとする。


もう学校自体を、専門学校化してほしい。誰が現在のような教育システムを考案したのだろう? 6.3.3.4という区切りがある教育ではなく、1つの道を深く掘り下げられる教育機関の誕生が望ましい。

サイババも、「教育機関は司法機関のように、政府から独立したものであるべきだ」と言っていたので、まずは文科省からの解放が先決だが、日本政府がサイババの教えに従うとは思えない・・・。


言っても無理だろうけど、できることなら、文科省には教育方針自体の大転換をお願いしたい。




参考資料


「将棋世界」 日本将棋連盟

「王手 ― ここ一番の勝負哲学」 サンケイ新聞社出版局
升田 幸三 著

『人生 一手の違い ― 「運」と「努力」と「才能」の関係』
祥伝社
米長 邦雄 著

「頭脳勝負」―将棋の世界 ちくま新書 筑摩書房
渡辺明 著

「ボナンザ VS 勝負脳 ― 最強将棋ソフトは人間を超えるか」 (角川 one テーマ21)
渡辺明 著 保木邦仁 著

「プロ棋士の思考術」― 大局観と判断力 PHP新書
依田 紀基 著

「ヒカルの碁」 集英社
原作 ほったゆみ 漫画 小畑健

「慈悲・仏陀の教え」 サティア サイ出版協会
サティア・サイババ 著 

「教育に関するサティア サイババのメッセージ-人格形成のいしずえ 」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
サティア サイババ 著 牧野 元三 監訳


碁法の谷の庵にて

白石勇一の囲碁日記

コンピュータ将棋協会

YSSと彩のページ

天頂の囲碁7 Zen


本因坊道策の棋譜データ

安井知得の棋譜データ


囲碁のフリーソフト

碁盤ソフト「碁」

PocketGoban


[PR]

by saiyans | 2017-11-30 15:44 | 囲碁


<< 八代 大橋宗桂の詰将棋 第二十...      東芝dynabook Sate... >>