ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 05日

PC-88と98用のRGBケーブルを準備


アナログRGBケーブルの変換コネクターを付けて、PC-8801FEやPC-9801BX2-U2に取り付けるのはスマートでないなーと思っていたところに、Hard・Offでジャンク漁りをしていたら、とても珍しいケーブルを見つけた。

ノーブランドの物だが、片側D-sub15pin3列と、もう一方は2列の物。ネットにもほとんど出てこないこのケーブルは私の宝物だ。お値段は108円。

a0311886_03411409.jpg
a0311886_03412241.jpg


もう一つは、アナログRGBケーブル60cmとJusty製の変換ケーブルの間に、サンワサプライ製ジェンダーチェンジャー「ADHD15S-FF」を挟んで1本にしたケーブル。

この3製品、どれも100円で手に入れたのでラッキーだった。
あとサンワサプライ製ジェンダーチェンジャー(D-sub15pinオスオス)「AD15S-MM」を付ければ、PC-88と98に使える。

a0311886_03413550.jpg
a0311886_03414244.jpg


もう一つ、今度は違うお店で発見したのが、5インチと3.5インチ両用のFDDケーブル(80円)。これも非常に珍しい。

a0311886_03415869.jpg
a0311886_03420612.jpg
a0311886_03421588.jpg

これがあればDos/VパソコンでPC-88の2DDフロッピーディスクからデータの受け渡しができる。OSはWindows95を使う。このOSはメモリをあまり搭載しなくても動くから、PC-9801BX2-M2のような5インチ・モデルにインストールすればかなり便利なはず。USBは付いてないので、「変換名人SDHC-IDE40pinメス」に挿し込んだSDHCカードを抜き挿ししながらデータのやり取りを行えば大丈夫だろう。


「USBが付いた5インチFDD」とか、上に紹介したケーブルは市場に出回っていないので、特注で作ってもらってヤフオクで売ろうかな。まずはケーブル類で資本金を貯めて、その後で「USB付き5インチFDD」を作ると。あとPC-88FE用の「サウンドボードⅡ」も出回ってないので、これもいつかNECさんに伺ってライセンス供与してもらい、図面を見ながら、現代のパーツで再構成すれば受けると思う。

DRAMも現代なら1枚で足りるそうなので、かなり小型の「サウンドボードⅡ」になるはず。いっそのことPC-88FEのライセンスをもらって、「サウンドボードⅡ」標準搭載の物を作っちゃおうかな・・・・・・。

まあ、無理かな。





参考資料

サンワサプライ製のジェンダーチェンジャー「ADHD15S-FF」

サンワサプライ ジェンダーチェンジャー(D-sub15pinオスオス)「AD15S-MM」

特注ケーブル 製作
アナログRGBケーブルなどのオーダーメイド店

IBS Japan

AIM

Diatrend Corp

通信用語の基礎知識

CRIMSON Systems

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ
PC-8801-25 サウンドボードⅡ



PC-88や98で使える液晶ディスプレイ

CENTURY LCD-8000V

I‐O DATA XGA対応15型スクエア液晶ディスプレイ LCD-AD151SEW

[PR]

by saiyans | 2018-05-05 03:40 | パソコン


<< PC-8801FE用のサウンド...      水で車が走るらしい >>