ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 12日

サイババの教えから始まる、日本国の再生


「“早めの出発、ゆっくり運転、安全に到着” が正しいことを、神は知っている」 
 サティア・サイババ


菅野よう子さんは大学時代、先輩に頼まれて、様々なジャンルの曲を「耳コピ」で採譜させられたらしい。

四年生になると最高学年なので、もう「耳コピ」する必要は無かっただろう。

「耳コピ3年」だ。


古代祐三さんはゲームセンターで録音してきたゲーム音楽を、やはり「耳コピ」していたらしい。

中学時代は卓球部、高校はフェンシング部と、音楽は片手間なのに、早期にゲーム音楽の作曲家としてプロデビューしている。「早めの出発」が功を奏したのだ。

お二人とも3歳頃の幼少期からクラシック音楽の薫陶を受けているのも強運。5歳までは神の世界、絶対の周波数領域に意識が置かれているため、絶対音感(固定ド)も身に付く。これがデカい。「耳コピ」が容易になる。

6歳で相対意識に移行しても、5歳までに身に付けたことは一生忘れないので、「絶対音感」という武器と相対音感の共用で、どんどん音楽的素養を自己開発していける。

「プレイヤー(演奏家)」と「コンポーザー(作/編曲家)」の分かれ目は、「耳コピ歴」にあると思う。

数式を、答えを見ずに、自分の頭脳だけを頼りに解き明かした場合、それはその人の実力に変わるだろう。

音楽も、楽譜を買ってきて演奏するというのは、答えを見ながら解答するようなものだから、演奏家の養成にはなっても、作曲家の育成には繋がらない。

自分の耳だけを頼りに、素晴らしい曲を「耳コピ」し、採譜した者がやはり、最後は勝つのだ。苦労してコピーした曲のエッセンスが、その人を一生支えるセンスとなって顕現する時が来る。


もう一つ重要なのは、生活習慣の改善。

夜更かしは永続的な記憶の維持を困難にするとサティア・サイババが言っていたので、それに従う。

以下はサイババの言葉。


「多くの人々は、お茶やコーヒーを大量に飲みますが、こうしたことが眠る身体の力を弱めます。

夜間に車を運転するドライバーたちは過度のお茶を飲みますが、試験の準備をしている学生たちも同じようにしています。

睡眠を妨げてはなりません、これは大きな間違いです。

人は食物がなくても生きられますが、睡眠をとらなければ生きてゆけません。

多くの学生たちは夜中に勉強をして昼間眠る癖があります。

鳥や動物を含めた殆んどの生き物たちは夜間眠ります。

習慣として夜勉強をする人々はラジャシック(激性)とタマシック(鈍性)の性質を育成しているのです。

このような習慣は徐々に変えなさい。

あなたが夜通し勉強をして昼間眠るならば、勉強した内容は鮮明には残らないでしょう。

あなたが難しい勉強をしなければならないときは、午前三時か四時に早く起きて勉強しなさい。

早朝の勉強の後、ベットに入ってもう一度眠ってはなりません。

これが、サトウィック(浄性)の生き方です。」


これまでの人生で私が欲しかったものは、早期の音楽教育と、正しい生活習慣の教授ぐらいだが、戦後、やはり音楽などは、良質な音楽家養成のためのメソッドが見当たらないから、手さぐりで親御さんたちは見つけるしかなかったと思うが、現在第一線を行く音楽家たちは、幸運にもモーツァルトやベートーベンの幼少期の教育メソッドをヒントに、我が子を教育できたのであろう親御さんたちの、血と汗と涙の結晶なのだ。

心が不純になればなるほど、真・善・美を本質とする神の世界から離れていくなら、これからの日本国は、内政の大規模な改善が必要となる。

「放置国家」ではなく、「法治国家」と呼べるようになるために、まずは街の本屋からエロ本を一掃する。それらは専門店で販売するように監督し、コンビニなどには置かせないなどの配慮が必要になる。

というのも、日本はただでさえ、心を不純にする社会的要素で一杯だからだ。

「慣れ」というのは恐ろしいもので、「これはおかしい」と思うものが、販売を規制されずに放置されているのが大問題だ。

アメリカから学んだ害悪で最大のものは、「表現の自由」の、意味の取り違え、誤用だと思う。

規制なしの自由は国を退廃させる。報道、出版、通信ほか、あらゆる分野が法の規制を受けて正常化すれば、犯罪なども激減し、世界に誇る日本になるだろう。




参考資料

「教育に関するサティア サイババのメッセージ-人格形成のいしずえ 」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
サティア サイババ 著 牧野 元三 監訳

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳

「マハーバーラタ」第二巻 - 森の巻 - 三一書房
聖仙ヴェーダ ヴィヤーサ 著 山際 素男 翻訳

「ドンファン・シリーズ」 二見書房
カルロス・カスタネダ 著 真崎 義博 翻訳

「音楽は自由にする」 新潮社
坂本龍一 著

「罪と音楽」 幻冬舎
小室哲哉 著

「With t - 小室哲哉 音楽対論」 Vol.2 幻冬舎
TK MUSIC CLAMP 編集

「ベートーベン-運命の大音楽家」 (講談社 火の鳥伝記文庫)
高木 卓 著 上総 潮 イラスト

「ベートーベンの生涯」 みすず書房
ROMAIN ROLLAND 著 片山 敏彦 翻訳


サイビル ホームページ

古代祐三インタビュー  By Nick Dwyer

2083WEB 古代祐三 インタビュー


INTERVIEW 菅野よう子


「一音会ミュージックスクール」

小林音楽教室 (絶対音感レッスン)

「絶対音感」

「あなたの音感は何型か? ~ 『絶対音感』の誤解」

[PR]

by saiyans | 2018-06-12 00:57 | 音楽


<< 古いPCを和紙で守る      ケートゥの悪影響とは? >>