ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 12日

惑星のプージャ報告


惑星のプージャは「ラーシ」と「ナヴァムシャ」に現れる自分の性格に影響を及ぼすのかな?と想像していたが、どうやらトランジット中の惑星に影響を与えるだけみたい。

これまで、土星、火星、水星、ラーフとやってもらったが、自分自身の性格が変化することはなかった。

ただ、周囲の人間については変化が観察された。水星は実際上効果無しだったが、土星、火星、ラーフについては、心の重荷が少し軽くなったので、これらを供養すると、状況が限定付きでも緩和されるようだ。

青山圭秀さんの予言で、シヴァ神は木星、土星以外の惑星についてはほぼ言及しないので、一星座を通過する時間の長いこの二惑星が急所なのだと思う。これさえ忘れずに供養し続ければ、試練と困難が幾らか緩和されて助かる。ただ、プージャの実行ペースが分からない。

惑星が星座内を移動中は一星座一回で済むのか、順行と逆行がチェンジする度にやってもらう方がいいのか・・・。

多分、一星座を移動中に2回はやれば安泰かな、と推測している。

シヴァ神は太陽とラーフについても少し語られるが、私自身はラーフについてはハッキリ変化があったので、お勧めできても、太陽はまだ未確認(今月15日にインドでやってもらえる)なので、追って報告できれば幸い。

「ラーフは貪欲を象徴する」と推測していたが、これはどうやら当たった。プージャをしてもらったら「あれが欲しい、これが欲しい」という欲求が、憑き物が取れたように消えた(一時的かも)。


「惑星のプージャ」は、できれば「ガネーシャ神のプージャ」と組み合わせるとベストだそうだが、お金がないので、一惑星ずつが限界。こうして一つずつ試して、効果がなければ次からはその惑星は供養しないという方向性で行くべきか悩むが、多分金銭に余裕がある人は全部チェックするのがベストでしょう。私は水星には頻繁にプージャをやらなくなるかもしれない。




参考資料

「アガスティアの葉」 三五館
青山 圭秀 著

「サンカルパ」 三五館
青山 圭秀 著

「愛と復讐の大地」 三五館
青山 圭秀 著


青山圭秀の『瞑想録』

日本MAセンター プージャ

[PR]

by saiyans | 2018-07-12 23:00 | インド占星術


<< 土星期のプージャは念入りに。      古いPCを和紙で守る >>