人気ブログランキング |

ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2020年 09月 13日

山本太郎応援団⑦


「そういえば今、夏なんだな・・・」

ふとそんなことを思った私は、以前ドクター中松が「アイデアを思いつく場所はプールの中」と確か言ってたなと思い、久々に隣町のプールに行ってみることにしました。


以前に行ったのが小学生の頃ですから、36年ぶりです・・・


入口前にはすでに沢山の人々が並んで待っていましたが、少し早く着いてしまったおかげで結構長く待たされてしまいました。

しょうがないのでリュックからヨーヨーを取り出し、練習を始めたのですが、チェーンの音がするために皆がこちらを一斉に向いたので、恥ずかしかったです。

しばらく続けていると、二人の女の子が「それを見せてもらえますか?」と話しかけてきたので、「はいどうぞ」と渡しました。

どーも、紐ではなくチェーンが巻いてあることにビックリしたらしく、「御自分で改造したんですか?」など聞かれたので、「スケバン刑事Ⅱのヨーヨーですよ」と言いました。

二人の表情にクエスションマークが浮かんだので、「そうか、この子たちはスケバン刑事Ⅱ自体を知らない世代なんだな」と気づき、ドラマのあらましを一通りお話ししました。

興味を持ってくれたのか、二人は「今度ネットで調べてみます」と言っていました。

そんなこんなでようやく開館したのですが、私はこのヨーヨーが水中戦でも使用可能かを実験したい衝動に駆られ・・・ ましたが、多分やってちゃダメだろうなと思い、止めました。

さっきの女子たちも水着に着替えているのだろうが、きっと学生らしくノーマルの物を着用するのだろうな、などと考えていましたが、私は眼鏡を取ると世界がピンボケになるので、どうせ意味無いな、とも思っていました。

「まあ、ドクター中松の真似をして、水に浮いてるか、歩こう」などと思っていると、先ほどの二人が話しかけてきてくれました。



山本太郎応援団⑦_a0311886_01001688.png
姉の夕貴さん





山本太郎応援団⑦_a0311886_02254249.png
妹の叶江さん




二人ともまさかのビキニだったのですが、こっちは目がピンボケなので、平常心で話すことができます。

私が水の中を歩き出すと二人も歩き出したので、「どうぞ私にかまわず泳いでください」と言ったのですが、「実は私たちカナズチなんです」と言うので、納得して歩いていましたが、夕貴さんが「歩いて競争しませんか?」と言うので、プールの端から競争しました。

タッチの差で私が優勝しましたが、今度は「どれくらい息を止めてられるかをやろう」と言うのでやってみましたが、これは叶江さんの優勝でした。

しばらくして休憩の笛が鳴ったので、みんな陸に上がりましたが、その時に夕貴さんが悩みを打ち明けてくれました。

コロナの影響で親が働けなくなり、進学を諦めるかどうか悩んでいるとのことでしたが、まだ高2ということで、安倍政権が逮捕されれば望みはありますよ、とお話ししました。

学生が有利子のローンを払ってでも学費を捻出せざるを得なくなったのは小泉政権からなので、それを継承する自民党自体が逮捕、解体されれば、賢明な議員、官僚たちがこの国を立て直そうと全力を尽くすはずなので、もう少しの辛抱です、山本太郎さんが議員に返り咲けば、何かが変わるはずですよ、と話すと二人とも、

「山本太郎さんのことは知っています」と言います。

つい最近 友人から教えてもらい、動画もチェックするようになったと言うので、ここでも仲間を得られた気分になり、私は嬉しくなりました。

二人とはプールの後もマクドナルドで食事をご一緒したのですが、やはり年頃なだけに恋愛のことや日々のことで色々と悩んでいて、「青春だなぁ・・・」なんて思いましたね。


彼女たちにもインド占星術で言う「土星期」はやって来るので、マックでもホーマ(護摩供養)関連の事を少しだけ話しましたが、話し切れなかった分はココを見てみてください、ということで、このブログも紹介しておきました。



※この物語はフィクションであり、実在の人物、団体などとは一切関係ありません。




参考資料

山本太郎 街宣アーカイブ
山本太郎応援団⑦_a0311886_22042286.jpg

タグ:

by saiyans | 2020-09-13 00:35 | 山本太郎 | Trackback
トラックバックURL : https://saiyans.exblog.jp/tb/240576529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「早指し二段 森田将棋2」で詰将棋      「早指し二段 森田将棋2」の基... >>