ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 11日 ( 1 )


2018年 09月 11日

太陽のプージャ報告


昨日、太陽のプージャ完了の手紙が届いたので、いつものように氷砂糖3粒を食べ、ヴィブーティを飲み、白檀の粉とクムクムをそれぞれ、少量の水でペースト状にして、順番に眉間に塗った。

プージャを始めた最初の頃は、毎日少しづつ塗っていたのだが、アマチの写真を見ると、大量にオデコに塗っていたので、今回は1回で全部塗った。


でも、平安は無いんですね。これが。心の平安は無いんよ。

白檀の粉は昔、高野山の、曼陀羅がある堂内でも、無料で頂けたことがあるので、その香りから、同じものだと分かった。

プージャの指定日を日曜日にするところを、間違って金曜日と書いてしまったのだが、多分現地の方が修正してくれると思ったら、金曜で実行されてしまった。私の指定した通りに実行してくれたのだ。今度から気を付けよう・・・。

プージャの要望書をメールで送る時に、3回も添付ファイルを添付し忘れて混乱が起きたのも、土星の影響なのだろう。


お金も相変わらず入って来ないのは土星期の特徴らしいが、経済的な窮乏というのも、ダシャー的にラーフ期とのダブルパンチだからだろう。

次は木星のプージャだと意気込んでいたが、年内に出来るかどうか分からなくなってきた。送られてきた手紙を見ると、木星の神格ってラクシュミー(富の女神)と書いてある。

私は木星の影響を色々受けて生まれているらしいことは、ホロスコープを見ると分かるのだが、アスペクトというのは、在住ほどの影響を本人に与えないことも分かる。あんまり、富に恵まれないから。

土星期というのも、ただでさえ土星は在住するハウスのほかに3ハウスにもアスペクトするので、これじゃ誰でも年中土星期じゃないか?と思えるが、やはりナクシャトラとその前後2宮を通過する時期が特別らしいことはシヴァ神も述べているので、多分そういう事なのだろう。

現在、ダシャーが金星期か木星期にある人は、出来る内にプージャをしといた方がいいと思う。ダシャーが凶星に変わると、様々な困難が起こって来て、プージャのお金を捻出できなくなるから。

もし金星期に戻れたら、自分がプージャを出来たか?と考えることがあるが、これは運命的に無理だったと言わざるを得ない。ネットが無いし、アマチもサイババも知らないから、信仰なんて起こらない。

アマチとプージャを同時に知って、尚且つそれを支える信仰心と、働いて稼げる健康と、実行できる経済力を備えた人は、なんと祝福された人生だろう。

私からすれば、奇跡としか思えん。



参考資料

「アガスティアの葉」 三五館
青山 圭秀 著

「愛と復讐の大地」 三五館
青山 圭秀 著

「アガスティアの葉とサイババの奇蹟」 徳間書店
深野 一幸 著

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳

「バガヴァッド・ギーター」 岩波文庫
上村 勝彦 翻訳

「聖母アマチの教え」- ヴェーダの叡智 - [改題新版] 知玄舎
西田みどり 著

青山圭秀の『瞑想録』

日本MAセンター プージャ

[PR]

by saiyans | 2018-09-11 13:40 | インド占星術