人気ブログランキング |

ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 19日

イルミナティ(闇の政府)の抵抗


マシューさんのメッセージが投稿されたので、紹介します。


「では、多くの読者からリクエストされている話題について喜んでお話ししましょう。

パリのノートルダム大聖堂の火事は放火犯が仕掛けたという証拠があります。でも、間違いなく“公式に”発表される原因は電気配線の不備か単に“不明”になるでしょう。この大聖堂は、フランス大統領マクロンと法王フランシスへの明白な警告としてイルミナティによって火を付けられました。

政府にいるイルミナティの最上位の操り人形であるマクロンへのメッセージは、黄色いベスト運動を潰せであり、イルミナティによって作られ支配されているEU(欧州連合)からのフランスの離脱など考えてもいけないということです。法王フランシスへのメッセージは、バチカンの金融取引とその巨額な金銭的富・・イルミナティはその一部を使って彼らの目的を達成しようとしています・・について一切暴露しないこと、そして悪魔儀式を終わらせる取り組みをやめることです。悪魔崇拝の国際本部としてバチカンは人間生贄のために選ばれた場所であり、そこは最低の波動エネルギーを発してイルミナティの生存そのものを可能にしています。彼らにとって、大聖堂の破壊は神を破壊する悪魔(サタン)のパワーの象徴なのです。

ロバート・ミューラーの報告書とその主要関係者たちにまつわる可能性のエネルギー場の混乱は、弾け続ける花火のようなもので、雑音と煙を出しているのに過ぎません。この問題について、エネルギー場には明確さがないので、この報告書によって弾劾に進むのか、あるいは様々な法制度に関わる証拠が誰かの告訴につながるのか、僕たちにはわかりません。

ジュリアン・アサンジは、故郷を離れて、真実を語る人、あるいは“内部告発者”になることで、どのような試練に晒されようとそれを経験することを進んで選んだ魂たちの一人です。一旦地球に転生すると、その全ては彼の意識から失われました。それは、人間の弱さでいっぱいの第三密度世界にいる他の魂たちと同じです。アメリカ政府が明らかにして欲しくない情報をアサンジが一般に公開できるチャンスが訪れた時、彼はそのチャンスを活かしなさいという心の声に従うことで、魂レベルの決意を成就していました。地球の人々に真実を知らせるというミッションを成し遂げる彼や他の魂たちを、僕たちは誇りに思います。」



イエス・キリストの情報は、サイババが述べていることと一致しないので、あんまり信じていない。

サイババはマリアが処女受胎したことも、イエスが十字架にかけられたことも本当だと述べていたから。





参考資料

「理性のゆらぎ」 三五館
青山 圭秀 著

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳


# by saiyans | 2019-05-19 01:59 | QAnon
2019年 05月 12日

奇跡の医師Drフリッツ



確か1998年の12月頃に「奇跡体験アンビリーバボー」というTV番組で「神の手を持つ男 ルーベン」というタイトルでDrフリッツが紹介されていたのだが、この時の衝撃はすごかった。

ブラジルに住むルーベンというコンピュータ・エンジニアにドクター・フリッツという霊が乗り移り、患者を治療するのだが、メスで皮膚を切開しても出血がほとんど無かったりなど、信じられない光景が繰り広げられていた。

メインで用いるのは、「スピリットの注射」というもので、注射器の中身はただのヨードチンキなのに、ドクターが手に持った瞬間、奇跡の万能薬に変わると紹介されていた。


Drフリッツが憑依する霊媒(メディウム)は、エドソン・ド・ケイロスから始まって、次がアリゴー(本名はジュゼー・ペードロ・デ・フレイタス)、ルーベンと来て、現在のクレバー・アラン氏で四人目のはずだ。
(※ケイロスの前に、「バイア州の、ある霊媒に憑依して治療していた」と語っていた気もするが、記憶不明瞭)



Drフリッツはアリゴーに乗り移った状態で以前、新聞記者にこう語ったとされる。

「私はドイツのミュンヘンに生まれ、その後ポーランドに移り、医学を学び、かなり腕の立つ外科医になったが、幾度かひどいミスもしてしまった。自分の肉体の死後も医師としての腕を磨き続け、やがて地上に戻り、一人でも多くの人々を癒すことを誓った。」


肉体を支える精妙な「エネルギー体」には、病気の本源である不調和なマイナス・エネルギーがあり、そのエネルギーが肉体に結果する前に、エネルギー体からそれを取り除いたり、様々な霊的治療を施すのが「ヒーラー」と言われる方々の仕事なのだが、彼・彼女らはキリスト教の教会に巣食う権威者たちによって「魔女」などの汚名を着せられて迫害され続けた歴史がある。

ブラジル医師会も当時、アリゴーを訴えたりしたが、患者は全員が病気の軽減や治癒を経験したため、勝訴している。首都ブラジリアを建設したジュセリーノ・クビチェック大統領の娘さんの病を癒したことも大きかった。


カバール(影の政府)は、現在の政府機関にも入り込み、副作用のある有害な薬を認可させたりしてきたが、トランプ大統領たちの努力で現在、急激に解体作業が進行中のようだ。

アメリカが浄化されたら、やがては日本にも、その好影響が波及するだろう。




参考資料

「錆びたナイフの奇蹟―心霊外科医アリゴー」 日本教文社
ジョン・G・フラー 著

「バイブレーショナル・メディスン」 日本教文社
リチャード・ガーバー 著 上野 圭一 翻訳
真鍋 太史郎 翻訳

「マジカル・ヒーラー」 工作舎
スタンリー・クリップナー 著 笠原 敏雄 著
アルベルト・ヴィロルド 翻訳

「シルバーバーチの霊訓 新装版」 潮文社
アン・ドゥーリー 編集 近藤 千雄 翻訳

「東洋医学の本」 学研

「スピリチュアル・ヒーリング-宇宙に満ちる愛のエネルギー」 日本教文社
ベティ・シャイン 著 中村 正明 翻訳

「シルバーバーチの霊訓 新装版」 潮文社
アン・ドゥーリー 編集 近藤 千雄 翻訳

「エドガー・ケイシーのキリストの秘密」 たま出版
リチャード・ヘンリー・ドラモンド 著 光田 秀 翻訳

「東日本大震災とアセンション」 地球の高次意識からのメッセージ
ハート出版 坂本 政道 著

「限りない愛を受ける存在 あなたはいまスターシードとして目覚める」(超知ライブラリー)徳間書店
パトリシア・コーリ 著 小林美香 翻訳

「NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる」 宝島社
NHK取材班 著

「波動時代への序幕」― 秘められた数値への挑戦 サンロード
江本勝 著

「水の真力」 講談社
江本勝 著

奇跡体験アンビリーバボー フジテレビ1998年12月放送
「神の手を持つ男 ルーベン」

「ムー」 学研

マシュー君のメッセージ(81)


# by saiyans | 2019-05-12 02:39 | 病気の治療方法
2019年 05月 07日

ガネーシャ・マントラの効果的な唱え方


マントラやジャパは、ただ唱えるよりも、ちょっとした工夫を加えることで効果を増す。


最近、ガネーシャ・マントラを432回(108 × 4)唱えてみて、全然効果が無かったのでがっかりしていたのだが、失敗の原因は「北向きで唱えていたから」と分かった。

成功する時は、東、西、南のいずれかを向いて唱えていた。それと、帽子を頭から取って唱えている。被ったままで唱えると効果が無いのだ。

片足で立ったまま216回唱えた時も大きな効果があった。例えばブログのアクセス数が突然、いつもの5倍以上になったり、ツイッターのインプレッションが数万人に膨れ上がったりするので効果を実感できる。

ガネーシャ・マントラは1回で唱える行数が多いので、右足の片足立ちで108回、左で108回の計216回が良い。

324回(108 × 3)もやってみたが、効果無し。108回と216回のいずれかしか効果が無かった。


この108回と216回では効果が違っていて、108回はちょっとした厄払いをしたい時に使い、216回は内面の平安も得たい時に使う。216回唱えると次の日の朝に、妙に心が穏やかに静まり、その効果が半日ほど続くという結果になった。でも、唱えるのが億劫なので、普段は108回がメインだ。

この数字についてサイババは以前、深野一幸さんの著書の中で説明していた。

「人間は、1時間あたり900回の割で呼吸している。1日に21600回、この半分は10800回である。だから、216と108は深い意味のある数字なのである。人は息を吸いながらソー(神)と言い、息を吐きながらハム(私)という」


右肩か左肩を壁に付けて、寄りかかりながら、片足立ちで、さらに踵を上げて、天を向いて唱えるとやはり、困難を凌げる。神社でならもっと効果的だ。でもこの踵上げ技は「オーン・ナマ・シヴァーヤ」のような、短いマントラやジャパでのみ実行できる。ガネーシャ・マントラは長いので、25回唱えただけでも足がもたなくなる。

ローソクを灯して唱えた後も、ちょっと普段では有り得ないことが起こるので、お勧めできる。


人間は一人一人、それぞれの霊性の段階が違うため、誰でも効果が同じということはない。

五戒・十善を保つ天皇陛下のような方が唱えれば国家の運を上げるほどの効果を得られるが、五逆・十悪の過去世があったりするとまず、願いは天に届かないはずだ。


クリスチャンがイエス・キリストを仲介者として、神に願いを届けてもらうように、私たち凡夫はアンマのような聖者にお願いすることで、神に願いを聞いてもらえる。

私たちがボールに願い事を書いて投げると、イエス・キリストがそれを中間で受け取って、純粋な願いなら、それを神に投げてくれる。神はそれを読んで直接私たちに投げ返してくれる、というようなイメージだ。

聖者と言われる存在は、霊的に高度に進化しているため、私たち凡夫の願いを神に仲介する者としての役割も果たす。

彼らはマントラや聖典の類を必要とせず、自分の意思が直接、神の意志に転換されるという、得難い境涯に住しているのだ。

因みに、月の初めの神社への参拝も効果がある。





参考資料


「アガスティアの葉」 幻冬舎文庫
青山 圭秀 著

「サンカルパ」 三五館
青山 圭秀 著

「愛と復讐の大地」 三五館
青山 圭秀 著

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳

「アガスティアの葉とサイババの奇蹟」 徳間書店
深野 一幸 著

「真宗聖典」 東本願寺出版部

「呪術の体験」 分離したリアリティー 二見書房
カルロス・カスタネダ 著 真崎 義博 翻訳

「空海コレクション1」 ちくま学芸文庫
空海 著 宮坂 宥勝 監修 頼富 本宏 翻訳

「弘法大師 空海全集」 筑摩書房
空海 著 弘法大師 空海全集編輯委員会

「新世界訳 聖書」 ものみの塔

「五戒・布施~誰でもできる幸せになれる方法」

「ヒマラヤ聖者の生活探究」 霞ケ関書房
ベアード.T.スポールディング 著 仲里 誠吉 翻訳



# by saiyans | 2019-05-07 14:30 | 人間の霊性についての考察
2019年 05月 04日

「Mother3」とアメリカの悲劇


「Mother3」がアメリカで未発売な理由は、ディープ・ステート(影の政府)が嫌う「愛」がテーマだからかもしれない。


以前、「HACHI・約束の犬」が全米公開されなかったことを不可解に思っていたが、D・Sは国と国に分裂をもたらして、戦争させて儲けたりもする人たちなので、「愛し合う」とか「共感」が邪魔になる。

アメリカ人の「Mother」ファンたちが、このゲームを非常に稀な宝石のように扱うのは、糸井重里という人間のパーソナリティーのコアである「愛」が、凝縮されたエッセンスとして言葉の端々に浸透しているからなのだ。


私は「Mother」ファンの一人が述べたコメントに、このゲームの本質を見た。


「3minutepizza said onAug. 31, 2009
Chimera, yeah, that’s probably reason enough not to release the game here. The scene where Lucas learns PSI Love is suggestive enough to the point where NOA’s kid-friendly hands won’t touch it with a ten-foot pole. 」

「3minutepizzaは2009年8月31日に述べた
キメラ、ええ、それはおそらくここでゲームをリリースしないのに十分な理由です。ルーカスがPSI愛を学ぶ場面は、NOA(アメリカの任天堂)の子供向けの手が10フィートのポールで触れることができない程度に十分示唆に富んでいます。」


PSI(超能力・神通力)は、その人が到達した愛のポテンシャルに比例する……多分、仲間を癒したり、助けたりしていく内に、内在の神性が顕現してゆくということを、このファンは言っているのだ。


おそらく「Mother」三部作は、「聖戦士 ダンバイン」のEDテーマ(偶然だろうが、詞が3番まである)を具現した内容であり、サイババの教えに完全に一致する荘厳さを含んでいるのだ。


EDテーマの作詞者は富野由悠季氏(仮名での作詞)であり、「伝説巨人イデオン」という、全人類が共有すべきアニメも製作していることから、すべては神の見えざる手により監督されていることが実感できるのだ。




参考資料

「HACHI・約束の犬」

「聖戦士 ダンバイン」 ウィキペディア

「バイブレーショナル・メディスン」 日本教文社
リチャード・ガーバー 著 上野 圭一 翻訳
真鍋 太史郎 翻訳

「マジカル・ヒーラー」 工作舎
スタンリー・クリップナー 著 笠原 敏雄 著
アルベルト・ヴィロルド 翻訳

「錆びたナイフの奇蹟―心霊外科医アリゴー」 日本教文社
ジョン・G・フラー 著

「聖なる旅路 ― あるヒーラーの人生」
スリー・チャクラバルティ 著 高柳 司 翻訳

「バガヴァン シュリ サティア サイババとの対話」
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
J・S・ヒスロップ 著 牧野 元三 監訳

「真実のサイババ」 三五館
青山 圭秀 著

「ヒマラヤ聖者の生活探究」霞ケ関書房

ベアード.T.スポールディング著 仲里 誠吉 翻訳


盲導犬クイールの一生
石黒 謙吾(著) 秋元 良平 (写真)


# by saiyans | 2019-05-04 03:30 | Mother
2019年 04月 29日

SSDが昇天


a0311886_21345159.png
↑ 役割を終えたSSD


最近、デスクトップPCが突然落ちることが多かったので、CMOSクリアしたり、SATAケーブルを抜いてもう一度挿したり、メモリを抜いてもう一度挿すなどを試みていたのだが、全然ダメなので、「電源が経年でイカレたかな?」とか、「マザボ上の電解コンデンサの電圧が落ちたのかな?」などと、いろいろ考えてみたのだが、とうとうOSが起動しなくなったので、SSDを抜いてHDDに換えてみたら直った。

ワープロソフトの起動が、これまでの2秒ほどから、10秒もかかるようになったのは体感としてすごく遅く感じる。

データは、新しいのをゲットしたらマメに外部のHDDに移しといたので、オール・クラッシュは避けられた。PCには4GBのSDHCカードも挿しっぱなしにしてあり、これにも一々セーブするクセをつけてあるので、「外部メディアへの書き込み」と「DropBox」と合わせ、四重のセーフティーを入れてある。


私は現在「土星期」で、土星の位置が射手座26度22分なため、いろんなトラブルがやってくる。

a0311886_01001313.png


今回のはSSDの昇天と、自転車の前輪の右側アームが折れるという形だった。「土星のプージャ」もアンマの所で2回やってもらったのに、それでもこれだ。しかも木星は逆行して蠍座に行っちゃって、なんだかなーって感じ。



参考資料

CMOSクリア手順

パソコン修理店 「PERSIM」の修理日記

日本MAセンター プージャ

「愛と復讐の大地」 三五館
青山 圭秀 著


# by saiyans | 2019-04-29 21:47 | パソコン
2019年 04月 26日

小林よしのり著 「韓国論」


「ゴーマニズム宣言SPECIAL韓国論」が出れば、韓国の反日も治まるだろう。


a0311886_11580105.png


かつて日本国内の反日運動(日本人が日本国を嫌う)もどうしようもなかったが、小林さんの「戦争論シリーズ」によって風向きが変わった。

「台湾論」の発売で国内に親台湾意識が広がっただけでなく、台湾国内でも発売されたことにより、親日感情が高まっていった。3・11後の多額の寄付も、「台湾論」有ったればこそのものなのだ。

「台湾論」の中には香港も登場するため、彼ら香港人も「台湾論」を読むことで、日本への親日感情を持つに至った。

「中国論」もあれば完璧だが、中国は加藤嘉一さんがいるので大丈夫だ。

小林さんも加藤さんも名前のスペルが「Y・K」だが、アジアの救世主は、このスペルが決め手なのかもしれない。

小林さんは、その国の成り立ちから、その後の連続した歴史の流れまでをも総括的に漫画で描くので、説得力は通常の文字のみの伝達を超える。


小林さんの筆一つで、アジア情勢なんて直ぐに変わる。「韓国論」が出れば、あの反日が嘘のように消えて、あっという間に親日だ。韓国人の親日派も多勢には勝てないので、これまで黙して語らず、言いたいことを言えずにきたと思うが、小林さんの援護射撃があれば、親日派も理論武装できて、反日勢力に対抗できるだろう。



参考資料

ゴーマニズム宣言SPECIAL「台湾論」 小学館
小林 よしのり 著

新・ゴーマニズム宣言〈10〉 小学館
小林 よしのり 著

「親日派のための弁明」
金完燮 著、原著 荒木和博 翻訳 荒木信子 翻訳

「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」ランダムハウス講談社
チョ・ヨンナム 著 萩原 恵美 翻訳

「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代 (NHKブックス)
クォン・ヨンソク 著

「韓国の若者を知りたい」岩波ジュニア新書
水野 俊平 著

「中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか」
ディスカヴァー・トゥエンティワン
加藤 嘉一 著

「われ日本海の橋とならん」 ダイヤモンド社
加藤 嘉一 著

「脱・中国論」 日経BP社
加藤 嘉一 著

中国動漫新人類(NB online books)日経BP社
遠藤 誉 著

「北京大学てなもんや留学記」文藝春秋
谷崎 光 著

「崇礼門の画像」


# by saiyans | 2019-04-26 12:07 | 政治・社会問題
2019年 04月 25日

トランプ大統領の優しさ


アメリカの南部国境で行われている悲劇は、私たちの想像を絶する。

a0311886_03201977.png



日本のメディアはトランプ大統領に否定的なようだが、これは彼らが、ディープ・ステートの作成した嘘ニュースを、通信社などから仕入れて、そのままなんの検証もせずに流していることから生じる悲劇だ。

私たちは、一人一人が自分で情報を咀嚼し、見究めねばならない。


以下は、マシューさんが読者の問い掛けに応える場面。


“私は元ニュースメディアにいた者ですが、ニュースメディアの人たちが全て腐敗しているとは思えません。多分彼らの上司や一部の有名人たちはそうでしょう。でも私が80年代、90年代に一緒に働いたジャーナリストのほとんどは正直で勤勉な人たちでした。それは今日でも変わらないと確信しています”

「ええ、それはそうです。ほとんどの新聞/雑誌、ラジオ、テレビのジャーナリストたちは、彼らが通信社や他の情報源から得て報道する情報は、メディアを支配している闇の存在たちが人々に信じてもらいたいと思っていることであることを知りません。

彼らが“偽”ニュースと言う情報が、本当は真実であることがよくあることを知っているジャーナリストはほとんどいません。例えば、児童性愛者組織がワシントンDC界隈でアメリカ政府関係者や訪問している政府高官たちを相手にサービスしていることが明るみにされた時・・これは“ピザゲート”として知られました・・闇の人間たちは素早くそれを偽ニュースと決めつけ、何も知らない記者たちはその嘘を鵜呑みにしました。昔から真実を隠すために作られたレッテルが陰謀説です。そして人々は、メディアが流すそのようなゴミの山をなんでも受け入れるようにプログラミングされているのです。

どちらかのレッテルがついた情報を嘘とかクレージーな考えだと多くの人々はまだ信じていますが、他の人たちは様々な問題がそのように隠蔽としてレッテルを貼られていること、そしてそれが世界中のジャーナリストたちの、彼ら自身の業界や企業、医療と娯楽とスポーツ産業、政府と金融機関内の広範囲な腐敗を徹底的に調査した賜物であることに気づいています。」


日本の各メディアがディープステートに買収されているなら、アメリカの主要メディアと同様の論調になるのも納得できる。

嘘を真実と見誤ると、すごく危険なのだ。



リンク

Donald J. Trump@realDonaldTrump

やのっち(。・ɜ・)d@_yanocchi0519

Qアノン情報 10/12 復活したケネディの反撃



# by saiyans | 2019-04-25 02:21 | QAnon
2019年 04月 24日

「Mother3」の世界発売は国益に適う


糸井重里って、イエス・キリストと名前が似てるよね・・・。


いやー、糸井さんたちの会話は面白い。アメリカ人のMotherファンも、糸井重里という人物の語る言葉は、常人の思いつく言葉ではないと感じ始めている。


「ほぼにち」のページで、最近読んでいて面白かった箇所を抜粋して紹介します。

a0311886_20262950.png



──こうやって取材でうかがう話と、
読者の人たちから届くメールを
照らし合わせてみて気づくんですけど、
ゲームのなかに込められたものを
みんな驚くほど繊細に感じ取っているんですよね。
とくに、子ども時代に遊ばれた人の
感覚の的確さというか、「正しさ」に驚きます。

糸井 そうだねえ。

田中 子どもはほら、体の一部ということじゃなく、
いつも全身で遊んで、
全身で感じ取っていくじゃないですか。
で、ウチの子どもはちょうど
『MOTHER』のときに生まれて
リアルタイムじゃないけど、
小学生のときに『MOTHER2』
をプレイしたんですよ。
で、そのころ、ごはん食べながら、
しみじみ言うんですよ。
「……あんなぁ、おとうさん、
 どせいさんってなぁ……
 ……ほんま、ええ人やんなあ」って。

糸井 わはははは!!

鈴木 いい話だねえ(笑)!

田中 ほんと一瞬「えっ!?」って、感じですよ。
本人はいたってふつうで、本気なんですよ。
で、それも、一度だけじゃなく
「……んー……ほんまに、ええ人やんなあ……」
って何度も何度も。しかもなぜか必ずメシどきに。

糸井 泣けるね、それ(笑)!

田中 で、奥さんは
「えっ?! 誰さん? 
 どこのおともだち?」って(笑)。

糸井 あの、どせいさんが、
「イノセント」の象徴だってことは
まえの取材で言ったことなんだけど
さらにね、背景があるんだよ。
あれは、ドストエフスキーなんだよ。」



続きは本編で。


# by saiyans | 2019-04-24 20:29
2019年 04月 12日

糸井重里とMOTHER


「MOTHER」ってまだ1度もプレイしたことがないのに、すごくトキメク。

キャラクターデザインも良く、お話も面白そう。スーファミ版はグラフィックもキメ細かくて完璧。

「3」はアメリカで発売されていないため、多くの MOTHERファンを失望させているそうだが、任天堂はまだ、その要求に応える気はないようだ。



私は2014年頃かな?Youtubeで猫の絵を見ていた時に、途中で猫を叩くような画像が挿入されたのがトラウマになり、それ以来自分のチャンネル以外は見ないと心に決めた。「表現の自由」と言っても、やってはいけない表現がある。

ニコニコ動画も、広告がスケベ過ぎるというか、変態っぽいので、Youtubeと同時期に見なくなった。


それで、仕方なく中国の「Bili Bili」という動画サイトのお世話になっているのだが、なんと「MOTHER2」を、ゲームクリアまで続けた動画を投稿している人がいた。

見終えた感想は・・・・・・ イイ!! すごくやりたいけど、いつか誰かに物々交換でゲーム機本体ごと譲ってもらうことにしよう・・・。数年前に、もうゲームは買わないと決めてしまったのだ。




以下は、「MOTHER」のリンク。

「'87年7月 広告批評 特集ファミコン大研究 (1) 堀井雄二×糸井重里 対談 テレビゲームに何ができるか」

【田中圭一連載『MOTHER』編】任天堂を動かした、糸井重里の熱意「なぜ俺はゲームを作ってない!」――本職の「言葉」、岩田聡の「突破力」が生んだ、後世語り継がれる傑作




「[TAS] SNES EarthBound "inbounds" by tutelarfiber7 in 3:10:11.57」










# by saiyans | 2019-04-12 02:40 | 日常
2019年 04月 06日

世界のAnons


a0311886_00585999.png
QAnonをフォローする国々は今のところこれくらいかな?
https://qmap.pub/?lang=ja

a0311886_02135301.png
a0311886_21232991.png
a0311886_12541109.png
↑ 私が描いたラフスケッチです。



すごいよアメリカは~。バンバン悪い人が起訴されてるんだって。

QはNSA内部で活動する人たちの集まりだから、あらゆる情報を収集・解析して、国家を護る備えも万端の愛国者集団。

なかなか機密書類が開示されないので、なんだかなーとモヤモヤしてくるが、水面下ではホントにこれまで野放しになっていた人たちが捕まってるみたい。

日本もね、来ると思うんだよ。逮捕の波が。国家の上層に居る一握りの人たちに、神の裁きがやってくると思うんだよねー。




参考資料

「シリコンバレーから日本を想ふ」


# by saiyans | 2019-04-06 01:35 | QAnon