ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 2 )


2015年 05月 01日

あとがき


参考文献

サティア・サイババ/著
「ニャーナ ヴァヒニ」
「教育に関するサティア・サイババのメッセージ」
「慈悲―仏陀の教え」
「サイババ イエスを語る」

J.S.ヒスロップ/著
「サティア・サイババとの対話」

以上、サティア サイ オーガニゼーション ジャパン

青山圭秀/著
「理性のゆらぎ」
「アガスティアの葉」
「サンカルパ」
「真実のサイババ」
「愛と復讐の大地」 以上、三五館

上村勝彦/訳
「バガヴァッド・ギーター」岩波文庫

山際素男/訳
「マハーバーラタ 第二巻 森の巻」三一書房

坂本幸男/岩本裕/訳
「法華経 上・中」岩波文庫

中村元/訳
「ブッダの言葉」岩波文庫

「空海の本」学研

宮坂宥勝/訳/著
「空海コレクション2」ちくま学芸文庫

田中嫺玉/訳/著
「インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯」
「不滅の言葉(コタムリト)」中公文庫

リチャード・ガーバー/著
「バイブレーショナル・メディスン」日本教文社

「東洋医学の本」学研

デーヴィッド・ゴッドマン/原著、福間 巖/訳
「あるがままに―ラマナ・マハルシの教え」

「真宗聖典」 東本願寺出版部

西田みどり/著
「抱きしめる聖者アマチの奇蹟」

「カシオペアの本」立東社


著者のブログ「ラーマの日記」

URL http://saiyans.exblog.jp/


[PR]

by saiyans | 2015-05-01 00:02
2015年 05月 01日

まえがき


現代の日本国は混沌としている。社会規範の中でも、守られるべきものが守られていない。

特に性道徳については、韓国に慰安婦問題を指摘されても、何も言い返すことができない。現代の日本は、性の乱れが戦争当時の上を行くからだ。

「表現の自由」は曲解されて、エロ本やエロビデオは放任され続け、それらの業者を悪魔の踊りに耽らせている現実がある。

過去に、ブッダやイエスのような聖人たちは、守られるべき戒律の中に、夫や妻の在り方、男女の道を説いてきた。これはその当時の社会のみに適用される律法ではなく、永遠の法であるため、後世に生きる私たちもそれを尊守せねばならない。

不道徳性は、始めは蜜のように思えても、後で必ず毒に変わる。一方で道徳性は、始めこそ毒のように思えても、後には蜜に変わる。前者は聖人たちが認識した神の律法に反逆するからであり、後者は律法を支持するためだ。

人間は、不道徳性を取り除くことで不滅性に到達するため、まず最初にやるべきは、社会の道徳性の回復だ。

物質性を極めたこの社会に生まれた子供たちに今、私たち大人が残してあげられるものは、物でもお金でもなく、道徳的価値観であると、私は思うのだ。

[PR]

by saiyans | 2015-05-01 00:01