ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ゲーム ミュージック( 5 )


2017年 10月 29日

ゲームボーイのメンテナンスについて


はにはにさんのブログには、YAMAHAのMSX2メンテが紹介されているが、「音質が変化してしまうかもしれない箇所のコンデンサは交換しないでおいた」という記事があった。

TK製(東信工業製)などのオーディオ向けコンデンサに交換すると、ノイズが消えて直った、という記事もあるので、初代ゲームボーイのノイズ問題も、コンデンサの交換で片が付くかもしれない。TK製以外では、日本ケミコン製のコンデンサであるKMG、SMGシリーズは、高信頼性の、良い部品らしい。


はにはにさんは、以下のようにも書いている。


● コンデンサが液漏れしていると音が出なくなる。

● コンデンサ容量は画質や音質に影響が出る。

● 16Vのコンデンサは25Vでも代用可能。


電解コンデンサの電圧や容量で、音質も違ってくるようだ。


ということはProphet-5の音質の違いも、「後期型の方がスマートな音がする」というのは単に、コンデンサの違いによるのかも。

RolandのJUPITER-8も前期型と後期型で音質が違うけれど、これまたコンデンサの違いが大きいとしたら面白い。

コンデンサの容量は多少数字が多めでも、代用できるというのが不思議。例えばメーカー推奨のACアダプターがDC9V-300mAであっても、9V-600mAでも動いたような記憶があるので、これもコンデンサと同じだ。


ネットを調べてみると、ゲームボーイを分解メンテナンスしている方たちはコンデンサの交換をしないようだから、「交換した」という記事を書けば、更に受けると思う。


レーシングマシンのメカニックマンが、その日の天候でタイヤの種類やキャブレターの調整を変えたり、サーキットの路面状態やライダーの好みによってサスペンションのスプリング強度やオイル特性を変えたりするように、ミュージシャンは自分の好みによって、電子楽器のコンデンサ容量をアップさせたり、ダウンさせたりするのが「裏ワザ」として使えると思う。

エンジン内のシリンダーを磨いてチューニングするのも、ゲームボーイの電池を受ける接点を、ピカールで磨くことと似ている。

同じメーカーのシンセサイザーでも、「今回私が使用した機材は、コンデンサの耐圧と容量を上げてあるので、ちょっと音が違いますよ~」と雑誌インタビューに答えれば、それがCD制作の「売り」になったり。

普通は「レーシング・チーム」という時、ラーダーとメカニック、あるいはチューナーは別の人だが、自分のことが一番よく分かるのは自分だから、実際は自分で全部やるのが理想だ。

ミュージシャンの場合も普通はローディー(機材のセッティングをする人、海外では「デクニシャン」と呼ばれる)、マニピュレーター(音色を作る人)、レコーディング・エンジニア(ミキサーで音のバランスを調整する人)は別の人だが、これも本当は、ミュージシャンが自分一人でやれば一番いい。

レーシングマシンはスペアを用意しても2~3台だろうが、ゲームボーイは幾つも持てる。それこそ同じ初代ゲームボーイでも、「中身はそれぞれ別物」というのが可能だろう。コンデンサのボルトや容量が違う、荒い音のするゲームボーイからシャープなものまで一通り揃えれば、どんなライブ会場にも対応できるはずだ。

バイオリンは、本体内の「魂柱」を少し調整しただけで、ガラッと音が変わるが、電子楽器類も、中にある部品を少し調整しただけで、性格が変わるのだ。


ゲームボーイ用のACアダプターは少しサイズが大きいので、小型のタイプにしたい。ハード・オフにはゲームボーイ用のACアダプターと同じ4.8V-150mAの物が108円で売っているので、その先端のコネクター・ケーブルをカットして、ゲームボーイ用コネクターに交換、半田付けして使うことにする。収縮チューブはダイソーで買ってこよう。

昔、ラジコンをやっていた頃、京商製の急速充電器のコネクターを、同じ方法で、違うコネクターに交換していたので、今度もうまくいくと思う。



参考資料

「KBspecial キーボードスペシャル」 立東社

「キーボード・マガジン」 リットーミュージック

「CYCLE SOUNDS」 山海堂 月刊版

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

バイオリンパレット

RED MOTOR.com

[PR]

by saiyans | 2017-10-29 20:51 | ゲーム ミュージック
2017年 10月 25日

ゲームボーイと、創造する自由の共存


今日は隣町のハード・オフでパソコン用の「15インチ・ディスプレイ」を324円で買った。

この前ブラリと入店したら、欲しかったスクエア・タイプ(正方形タイプ)のディスプレイがたくさん並んでいて、一台一台チェックしてみたのだが、その殆どが動作した。

今回購入した三菱のディスプレイは、値札を見ると「ほとんど映りません」と書いてあったが、動作チェック・テーブルに移動してパソコンを繋ぎ、電源を入れてみたら、確かに電源投入時はボヤケていたのだが、少し調整したらバッチリ映った。

中古でも一万五千円はするから、すごく儲けた気分だ。察するに、ハード・オフの店員さんは、さほど真剣には動作チェックをしないのだと思う。サンプラーの「AKAI S3000XL」もやはり「液晶がダメです」と値札に書いてあったのに、動作チェックして液晶のコントラスト・ボタンを押したらバッチリ映った。

コンセント・ケーブルほか、ケーブル類は短いほど節電効果が高いので、1mの物を108円で購入。接点は大抵汚れているので、「ピカール」で磨けばOKだ。


ここ最近のハード・オフ店内の変化として、以前は315円で沢山ジャンク置き場にあった「ゲームボーイ」が一台も無くなったことが挙げられる。

これは「LSDJ」という作/編曲ソフト(五百円)が登場したことで、再ブームが起きていることが理由だと思う。


a0311886_20022236.jpg


特にアメリカは「ゲームボーイ」を用いたチップ・チューンが盛んで、改造用のオリジナル・パーツ販売も、売れ行きがいいらしい。

数ある「ゲームボーイ」の中でも初代モデルは音に重量感があり、貴重視されるそうだが、これはシンセの「Prophet-5」についても言えた。やはり初代モデルの方が内蔵されたチップが違うので、音が野太いそうだ。

「ゲームボーイ」は二台をケーブルで繋いでリンクさせることで、同期演奏が可能となるが、そうすると初代ファミコンを発音数で超えることになり、より複雑な演奏表現が可能になる。

「初代ゲームボーイ」は液晶にバックライトが無いため、暗い所でプレイする時に問題があるらしいが、私は初代モデルの、あの液晶の色が好きなので、改造する予定はない。暗い所でもやらないし。

「ゲームボーイ」はザイログ社の「Z80」というCPUに似た命令セットで動作するが、 PC-8801 もZ80コンパチのCPUだから、アセンブラを勉強するにも共通性があるはずなので効率的かな。

私は世代的に今現在のゲーム機というのが理解できず、興味を持てない。「セガサターン」と「ドリームキャスト」が、実質最後の魅力ある機体だった。

音源仕様的にはやはり「初代ファミコン」、「ゲームボーイ」、「PC-8801」、「X68000」が最高で、心地いい。

次のG.I.M.I.C用モジュールは、初代ファミコンの音源チップで構成されることを心より願う。既にスーファミの音源チップを載せたモジュールは販売されているが、個人的に魅力を感じないので、あまり受け入れられなかった。

「ゲームボーイ」を用いて楽曲制作を行うプロフェッショナルは、SaitoneさんとTorienaさんがやはり頭一つ抜けている。将棋の棋力で言えば、ほかのチップチューン・アーティストは彼らに「角落ち」で勝負かもしれない。


私の家は近所が異様に近く、音を出しづらい環境下で生きているので、今度の「ゲームボーイ」による作曲機器の携帯には、一筋の光明を見い出した気分になっている。

家も狭いので、家族に音の迷惑が及ぶのも気になる。「土地は広く、家も広く」が将来の理想だ。過疎地とか、地価が安い場所に引っ越すのを想定しているが、何分現在、「技術」という資本がないので、一躍跳入にそこに到達することができない。辛抱の日々だ。

テクノロジーの進歩は目覚ましく、液晶画面の高精度化、CPUの高クロック化、低消費電力化と、デバイスの軽量コンパクト化、日進月歩で進む発展の中で、特に嬉しいのが充電池の高性能化だ。

ゲームボーイも乾電池数本で駆動するが、当然昔よりも長時間のプレイが可能だろうから、作曲時の推敲もし易い。電池切れにソワソワしてインスピレーションの妨げになるような機器では仕方ないので、充電池の開発者さんたちには頭が上がらない。


もしタイムスリップして過去に行けたら、私はハードオフでゲームボーイを大人買いしたい。今は二束三文の値段で売られていたあの頃は天国だったのだと、後悔する日々だ。



参考資料

「キーボード・マガジン」 リットーミュージック

Bookworm's Library

ゲームボーイクローバー

ゲームボーイの修理・レストアTipsまとめ

「SQUARE SOUNDS TOKYO 2015」オーガナイザー、“David Adams a.k.a LAZERBEAT”
、“James York a.k.a Cheapshot” インタビュー

= 2000年度版 =
お受験に出るゲームボーイ

LSDjについて日本語で書く

kyo5884's blog

tee-suzuki.com 初代ゲームボーイの外装レストアのこと

LSDj 虎の巻

ゲームボーイはまだ終わっていない!

kitsch-bent (ゲームボーイ用のパーツ販売店)

ゲームボーイ ウィキペディア

[ESC​-​008] Keepsake
Saitone

G.I.M.I.C Wiki

cTrix LSDJ Beginners Guide

「てきとうなブログ」 Little Sound Dj


「あかね色の空の下で」
ゲームボーイアドバンスのカセットデータを吸い出してみた

“GB USB SMART CARD 64M ” を入手しました


「ひごディウス(ポピィ)のレトロゲーム記」
gb/gba transferer2を買った

【LSDj】LittleSoundDj書き込み代行サービス

LSDJをゲームボーイで動かす(Macユーザー)

初代ゲームボーイ専用ACアダプター GB-8 (HORI)

N.O.M No.21 ゲームボーイ特集

[PR]

by saiyans | 2017-10-25 00:13 | ゲーム ミュージック
2017年 08月 03日

FM音源の真実


サイン波は、サイババのサイかもしれない・・・。

FS1Rの複雑さが、「FS1R Editor」を眺めることで、やっと分かった。フォルマント用のオペレータも8つあることで、16オペレータにもなってしまうのは悲劇だ。

a0311886_00441085.png
a0311886_00444156.png


「AFM」とか、ヤマハはFM以外のPCM波形をFMに合成して鳴らす方式を開発したが、同時にシンプルさを失うのはもったいない。

「TX81Z(OPZ内臓)」はPCM無し、フォルマント無しの、FMが1つで分かり易い。シンプル・イズ・ベストだ。でも基本波形が8つもあるのはいけない。シンプルでなくなる。(まだ許せるけど)

「OPZ」と同じOPM系の4オペレータ、8アルゴリズムFM音源では、「OPP」があるが、アーケードゲームに用いられたのは「OPM」だから影が薄い。個人的に4オペレータでは「OPM」以外は作ってほしくなかった。混乱するから。

聴いていて、いつも思うのだが、FM音源って、エフェクターを必要としない音だと思う。その音自体がエフェクトになっているというか・・・。

FM以外に余計な物を付け足さなかったのは、初期のFM機材ぐらいだ。PCMが混ざったりするともう、将棋と囲碁を合体させたような不自然さがある。

FMの音を極限まで追求したのが、80年代~90年代初期のアーケードゲームであり、X68000のOPM音色だったのだ。

私はFS1Rを発売当時に買ったが、プリセット音色はことごとくX68000内臓の「OPM」に負けていた。FS1Rの音色プログラマーがプロのマニピュレーターというのなら、「OPM」の音色を作り上げた人たちは、プロ中のプロだ。

「複雑はベストでない」なら、オペレータが8つあるFS1Rはベストでないことになる。行き過ぎが8オペで、まあまあが6オペ、究極が4オペかな。DX7の、選び抜いた32アルゴリズムから更に選び抜いた8アルゴリズムを実装したのが4オペレータのFM音源だとすると、どーせやるならFS1Rも8オペレータ、16アルゴリズムなら倍だから良かったと思う。88個なんて、とても使い切れない。

おそらく人間が扱えるオペレータ数の限界点は8オペまでだと思う。それもドンファンのような賢者のみが扱える。一般人の限界は4オペではないか?無限のオペレータを変調して一切のものを創造しているのが、サイババのようなアヴァターなのだと思う。神が創造したものを真似ることしかできないのが、人間なのだ・・・。

「4オペレータで、あなたの作りたまいし自然音にこれだけ近づけました」と神前に捧げ奉るのが、音楽に従事する者の祭祀なのだ。

おそらく神は、「私がどうやって音を創造しているのか、教えてあげよう」ということで、FMシンセサイザーを人間に与え、教えているのだ。

「読み書き」も、最終的には聖典を読めるようになるために与えているはず。「自己の核心は何か?」と疑問符が浮かぶ時がいつかくると先読みして、新聞などを読ませて、理解力を上げさせてから、神の知識に導くのだ。

オケは、オーケストラは多過ぎということで、ロックやフュージョンで音数を削ぎ落とし、最後はピアノソロとか、やはりシンプルに還る。

ゲームも、今のプレステは多過ぎなので、ファミコンに還る日がくる。音数的にも。色数的にも。アメリカでもおそらく、「NES還り」が起きている。「あの頃のゲームが1番良かったな」ということで、すぐにクリア可能なファミコンに還るのだ。

パソコンでも、「MSX還り」が起きているかも。OSなども、32bitで足りると思うのは、私だけだろうか?


「音色とハーモニーは同じ」 野呂一生インタビューから。

「ハーモニーのボイシングっていうのは響きでしょ。これは根本にあるんです。そしてその響きは周波数の集合ですよね?で、音色というのも倍音構成でできるわけで、根本的にはハーモニーと一緒なんですよ。1つのハーモニーも、1つの音色も、結局、異なった周波数の倍音を重ねていって1つの倍音構成を作るわけですから。DX7をさわるようになって、このへんのことはいっそうクリアに実感できるようになりましたね。」

FM音源を理解することは、ハーモニーの理解にも繋がる・・・。野呂さんのこの言葉は、私にとって衝撃だった。そういえば、ルートから重ねていって、3度、5度、7度、9度、11度、13度とか、オペレータの積み重ねに似てる。テンションをオープンで鳴らしたり、ある時は内声に入れてクローズで鳴らしたり、はたまた構成音の何音かを抜いてみたり、変幻自在なところが、ハーモニーとFM音源は似ている。目から鱗が落ちる思いだった。


a0311886_00450130.png

「TX81Z Programmer」というフリーソフトがあるのだが、スライダーが縦向きなので、1画面にサイズが収まらないのは惜しい。でも、エディターそのものは使い易く、素晴らしい。

8音だけをマルチティンバーで鳴らせるのは、「TX81Z」と「FB-01」などだが、そのマシンの限界内で、良い音楽を作るというのが美しいのだ。


久石譲さんは1983年頃、「フェアライトCMI-Ⅱ」というサンプリング・ワークステーションを使っていたのだが、同時発音数8音のこのマシンでの作/編曲が大変勉強になったと述べていた。

曰く 「そこで、どうやって音を節約するか、無駄な音を省くかをひたすら考えることになった。フェアライトを使っていた時期があったことで、本当に必要な音の要素は何かというのを感覚的に掴んだ」

「今のフェアライトⅢも16トラックあるけど、全てモノ(モノラル)なんですよ。だから無駄な音が使えない。例えば弦で8つなんて使ったら、もう残り8つしか使えない。それが音楽の勉強にとても役立ちましたね。僕は、制約は人を伸ばすと思うんです。今みたいにMIDI(コンピュータとシンセサイザーを繋ぐ世界共通規格)で音を何音も重ねられると、音を頭の中で整理できないし、しかも不安がってしまって・・・」


OPMの仕様書が公開されないのは、密教的なものだからかな? それを解き明かすことで、一般衆生が音の真理を体得してしまうことを恐れたヤマハの技術者たちは、それを秘匿することを決めたと。FMの知識は、それを扱うに相応しい者が扱わないといけない、ということで、門外不出というのは理解できる。

思えばあの当時、アーケードゲームがこぞって「OPM」を採用したこと自体が不思議だった。1社ぐらい「OPS」を使ってもいいのに、ことごとく「OPM」だったのは、子供たちに道を示すために使える良い素材が、同時発音数8音の小宇宙に内在していたからなのだ。




参考資料

「カシオペアの本」 立東社

「感動をつくれますか?」 角川 one テーマ21
久石 譲 著

DTM雑誌 「PC music」ソフトバンク株式会社出版部
久石譲インタビュー

「ドンファン・シリーズ」 二見書房
カルロス・カスタネダ 著 真崎 義博 翻訳

「GAME SIDE」Vol 24
東野美紀インタビュー


「FM音源」 ウィキペディア


果物使いのためのFM音源温故知新


FS1R Editor ウェブ・アーカイブ

TX81Z Programmer v1.25

[PR]

by saiyans | 2017-08-03 00:51 | ゲーム ミュージック
2017年 05月 13日

作・編曲のテクニックを公開している国本剛章さんは救い


私の国本サウンドとの出会いは、ファミコンの「スターソルジャー」から始まった。とにかくパワーアップした時の音楽がカッコ良かった。

次は従弟の家でたまたま聴いた「ヘクター87」のOPテーマ。何度聴いても飽きなかった。「オホーツクに消ゆ」の名前入力画面のBGMと同じくらい衝撃だった。

未だにいろんなゲーム雑誌でインタビュー要請があるのは、国本さんの音楽性を理解するファミコン世代が、編集長などの地位に就いているからだ。

ファミコンBGMは繰り返し聴くことになるため、飽きのこない曲が求められる。それに応える技量があることが、職業作曲家としての条件なのだ。

国本さんは自分の技術を惜しみなくブログで公開しているが、本当は本にして出版してほしいくらいのものを無償公開というのが嬉しい。

ファミコンはたった五声なのに、オーケストラの演奏に負けないのは何故か?

メロディー、ハーモニー、バス、リズムが全部入っているからだ。アルペジオ(分散和音)で鳴らせば、複雑なコードも出せる。

音数の少ない楽曲制作は将棋の「駒落ち対局」のようなもので、聴かせるには定跡の理解が要る。その定跡は彼ら作曲家たちが幼い頃に学んだバッハの課題曲にある。バッハの遺した曲は、「ファミコン用に書いたのか?」というくらい二声、三声を巧みに使ったものが多いので、それが潜在意識の記憶庫にあるために、「バッハ・フィルター」を通して自分の音が外に出てくるのだ。

「記憶した」ということ自体が潜在意識に刻み込まれた証拠とすれば、必然的に音楽は暗譜した方が理解が速いということになる。譜面を追わないと曲が演奏できない人は、その曲のエッセンスを消化、吸収するまでには及ばないだろう。


国本さんは1月11日生まれだが、野呂一生さんと東野美紀さんは1月1日生まれと、トップ・ノートを表すメロディーを司るようなイメージがある。国本さんはベーシストということで、低音のメロディーを指揮するようなイメージ。

野呂さんも「バンド」という形で4リズムの音楽を極限まで追求する運命なのかもしれない。やはりクラシックの和声学が基本にあって、後からジャズ理論が加わり、ロック色も加わって独自のオリジナリティー開花に至っている。

クラシックのオーケストラみたいな大編成の音楽を追求する人がいて、ロック・バンドのような小編成での可能性を追い求めるタイプもいるのは、性格的なものが大きいかもしれない。

フルコースの料理が毎食出るマハラジャのような人もいるが、学校給食やお子様ランチほどで満足できる人もいる。カップラーメンも美味しい。音楽もこれと同じだと思う。



参考資料

「カシオペアの本」 立東社


カセットテープがワカメ

ゲーム音楽の神 「3音で充分」 ドラクエの作曲者 すぎやまこういち先生トーク抜粋


[PR]

by saiyans | 2017-05-13 19:39 | ゲーム ミュージック
2017年 05月 10日

雑誌「Beep」ソノシートと高西 圭



a0311886_15204312.jpg

グラディウスⅡのアレンジ・バージョンがカッコイイ、雑誌Beepの付録ソノシート。

高西さんは、わずか19歳でこのアレンジをしたという。天才だと思う。

フルバージョンの音源も所持しているとしたら、このまま埋もれてしまうのは惜しい。

コナミさんは高西さんとコラボすべきですよ。絶対世に出した方がいい。



参考資料リンク

kei.t

「vgmdb」 Kei Takanishi

Various ‎– Super Game Music

[PR]

by saiyans | 2017-05-10 01:55 | ゲーム ミュージック