人気ブログランキング |

ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 08日

トランジットで現在を占う


惑星のトランジットとは、各惑星が今現在、どの星座を移動していて、ホロスコープと重ね合わせた時に、どういう関係と影響を持つのかをリアルタイムで分析する時に使う。

例えば、生まれた時のホロスコープ上にある星々は固定されていて、それがその人個人の一生のバイブレーション(振動数、周波数)を決めるが、その固定された周波数に現在進行中の星々が同居したり、アスペクトを受けることで変調が加わることで、その時々の人生模様に、どのような変化が生じるかを予測できる。

a0311886_141543.jpg

a0311886_1423567.jpg

a0311886_143159.jpg

           ↓各惑星がアスペクトする部屋
a0311886_035323.jpg

a0311886_0354784.jpg

      
現在はネイタル(出生図、ラーシ)の水星に対して、第2室を運行中の水星が2%の力を与えている。

第1室を運行中の木星が5、7、9室にアスペクトし、保護を加えている。ネイタルの月に対して48%、木星に対して52%の力を与えている。

土星がネイタルの金星に29%、ネイタルの土星に9%、ネイタルのラーフに36%の影響を及ぼしている。ラーフはネイタルの金星に64%、土星に43%、ラーフに71%のアスペクト。ケートゥはネイタルのケートゥに71%のアスペクト。

第12室の蟹座、第1室の獅子座、第2室の乙女座に、福星と凶星が2つずつ同居していて、吉威を弱めている。また、アセンダントが凶星の火星とラーフに挟まれているので良くない。第1室に居る木星も太陽に近いためコンバスト(燃焼)気味。


私は今土星期で、土星が順行なのと、ラーフによる影響で心に混乱が起こる。獅子座に居る木星の力で、なんとか日々を凌げている。

「コンジャンクト」とは、惑星同士が同じ部屋に同居することで、当然仲が悪い星同士が同じ部屋に入ると気まずくなり、不協和音が生まれる。その結果、心や肉体、環境との不調和が起こる。

今現在、ある部屋に居る福星や凶星が、その部屋から、それぞれの部屋にアスペクトすることで生じる変化まで考え合わせると大変複雑になる。人生では、自分だけでなく、家族や同僚、友人の星回りも関与してくるから大変なのだ。

なぜ個々人が道徳性に基づいた生活を日々、心掛けないといけないかというと、それを実行することで一時的に上昇した個々人の周波数が、他者の運命をも良いものに変えるからなのだ。

例えば、会社や学校で仕事や掃除をマジメにやって帰宅した場合、その人が周囲に与える悪影響は最小限で済むから、自分だけでなく、他者の運命も良いものに変えることになる。前世で為した善悪の行為により定められた運命に、本人の自由意思による変化が加わるからだ。例えばケンカが元で離婚に至る運命が回避されたりするから、自助努力が必要なのだ。これは、作成済みのデータに修正を加えて、上書き保存するイメージだ。

インド占星術が役に立つのは、「一寸先は闇」と言われるこの人生行路に光を与えるからなのだ。普通は「今から数分後、1日後にこうなる」とか、「1ヵ月後に困難がやって来るから善行を積んで借金返済しとこう」とか準備できないが、インド占星術の知識があれば、それができる。

マハー・ダシャー(1番 大まかな運命行路を見る時に用いるダシャー )を見れば、人生の大まかな流れを掴めて、ナヴァムシャ・チャートも参照することで自分でも気づかない潜在的傾向や、適性を知ることができ、それで他者さえも鑑定可能になるなんてスゴイことだ。他者の運命も視れる。ラーシやナヴァムシャ・チャートは、参考・指針にはなるが、もし努力を怠っていれば、「名前負け」ならぬ、「ホロスコープ負け」になる場合もあるだろう。

「あいつは今土星期で、オレも土星期だから、付き合いは控えよう」とか、「オレは今、木星期だから家族に恩返しをしとこう」とか、「第7室に木星と金星がアスペクトして調子イイから、彼女にアタックしてみよう」とか、「今の努力が未来を創るから、沢山努力しておけば、木星が入って来た時に報われるかな」とか、「この時期に事故が起こる可能性が高いから、事前にマントラを1日108回唱えて、負のカルマを清算しておこう」とか、色々と予測しながら修行努力できるので大助かりだ。

「人生とはなんぞや?」、「運命とは?」と問うた時、私の場合は幼少期~青年期の、インド占星術に出会う以前までは、場当たり的な対応しかできなかったのが、知った後は戦略に基づいた作戦を練れるようになった。

自分がインド占星術を学んでおけば、それを子孫も継承することになるから、家系の運も上がり、より幸福に近づける。これを国全体で実践すればGDPはトップを維持し続けるだろう。ある行為の種が芽吹くのは7年後で、次の年に枝が拡がり、次の年には葉が拡がり、次には蕾ができて、蕾が膨らんで、花が咲いて、実が生るという具合に、結果を手にするまでには12年くらい掛かる。その間に「思い、言葉、行い」のいずれかでエラーを犯してしまうと、貯金も返済に回されてしまうので、注意深く生きないといけない。

国家の命運ということで言うと、日本人の殆どがいくらマジメに働いたり、国際貢献をしても、エロ産業がバラ撒く不道徳性の影響によって、国家の運が今まで落ちていたのが、止まることになる。日本の建国図を基にしたホロスコープで、土星期や火星期を調べることで、不道徳性の報いがいつ頃返って来るかを予測でき、それに備えて祭祀を行い、準備できるからだ。また、祭祀の重要性に気づくことで、国家だけでなく、世界の運も上がる。

現在の日本は、穴の開いた壺に水を入れ続けるような状態で国家運営されているのだ。「表現の自由」を曲解して、「不道徳もOKの、何でもアリの自由」としていることが、困難を招く原因になっているのだ。

中国や韓国を見れば、他国を非難し続けることで受ける国家の停滞を実感できる。「GDPが国家規模に見合わない」、「先進性の前進に貢献できない」、「ノーベル賞が獲れない」、「他国から尊敬されない」など。

将棋の特性について羽生善治さんが言うには、「将棋の場合、相手がミスをすると、それまでの自分のミスが帳消しになる。全部向こうに行っちゃう」ということだった。

誰かと喧嘩した時に「自分が悪かった」という人は高潔だが、「お前が悪い」と言う人は低劣に見られる。中韓は戦後もずっと日本を批判し続けるために、なかなか国家のイメージ、プレゼンスが高まらないのだ。日本はたとえ不本意でも、謝り続けてきたので、謙虚に見られて得をしている。一方は運が落ち続け、一方は上がり続ける。

中韓が日本をリードしている点は、エロ関係を国家が「不道徳である」と認識していて、手を打てていることだ。法的に取り締まることができる。エロ産業というのは本来、マフィアのような人々のやることで、悪魔の温床であると理解していることが素晴らしい。国家指導者として望まれる意思決定力を、少なくともこの点は成就している。日本はまだ駄目だ。未だにそれらを放置して、国家の運を落としている。

ブッダ、イエス、空海なども、性道徳を守らないことについてはハッキリと「罪である」と述べている。日本の為政者は敗戦後、エロを放置し続け、この問題に向き合ったことが無いのだ。日本の後進国化を促している。




参考資料

「ムー」 学研

「空海コレクション1」 ちくま学芸文庫
空海 著 宮坂 宥勝 監修 頼富 本宏 翻訳

「インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯」 中公文庫
田中 嫺玉 著

「不滅の言葉」(コタムリト) 中公文庫
田中 嫺玉 著

「教育に関するサティア サイババのメッセージ-人格形成のいしずえ 」
サティア サイババ 著 牧野 元三 監訳
サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊

「新世界訳 聖書」 ものみの塔

「ブッダのことば-スッタニパータ」 岩波文庫
中村 元 翻訳

「羽生善治-考える力」 宝島社文庫
羽生善治 著

AstroDiary


by saiyans | 2015-09-08 14:14 | インド占星術
2015年 09月 07日

曜日と相性の一致性


生まれた日の曜日から、ある程度、相性を推し量ることが可能だそうだ。そこで、様々な各界の有名人を検索して調べてみた。


a0311886_1521334.jpg


http://extra.saamii.com/contents/color/nanyobi.cgi



月曜日生まれの、気になる有名人
小林よしのり(漫画家)
青木望(音楽家)
東野美紀(音楽家)
土橋安騎夫(音楽家)
保木邦仁(科学者)
渡辺明(将棋棋士)


火曜日生まれ
ウラジーミル・プーチン(国家指導者)
ほったゆみ(漫画家)
野呂一生(音楽家)
古代祐三(音楽家)
コモリタミノル(音楽家)


水曜日生まれ
ルドルフ・シュタイナー(賢者)
富野由悠季(アニメ監督、作家)
日渡早紀(漫画家)
三善晃(音楽家)
羽田健太郎(音楽家)
久石譲(音楽家)
菅野よう子(音楽家)
喜多郎(音楽家)
糸井重里(クリエイター)


木曜日生まれ
江本勝(代替医療家、作家)
坂本龍一(音楽家)
大島ミチル(音楽家)
小室哲哉(音楽家)
ジョージ・ハリスン(音楽家)
スティーブ・ジョブズ(企業家)
満田拓也(漫画家)
清水市代(将棋棋士)
米長邦雄(将棋棋士)
毛沢東(国家指導者)


金曜日生まれ
バラク・オバマ(国家指導者)
ビル・ゲイツ(企業家)
石原慎太郎(政治家、作家)
谷川浩司(将棋棋士)


土曜日生まれ
今上天皇(国家元首)
美智子皇后(国家元首の妻)
すぎやまこういち(音楽家)
浅倉大介(音楽家)
溝口肇(音楽家)
植松伸夫(音楽家)
河森正治(アニメ監督、メカデザイナー)
森内俊之(将棋棋士)
加藤嘉一(国際コラムニスト)


日曜日生まれ
孫正義(企業家)
宮崎駿(アニメ監督、作家)
羽生善治(将棋棋士)
里見香奈(将棋棋士)
槇原敬之(音楽家)
小林武史(音楽家)
篠田元一(音楽家)


私は木曜生まれなので、日曜生まれの人と気が合うみたい。

またインド占星術の、星々の相性も、生まれた日の曜日と組み合わせて、人間同士の相性判断に使えるようだ。時期にもよるだろうが、木星(木曜)は水星(水曜)と、さほど合わないかなーとか。同じ曜日同士は当然合うはず。

a0311886_1512990.jpg



参考資料

「生年月日より干支・生まれた曜日と本日の年齢・生後日数を計算するソフト」

ミス・ペルセフォネー
インド占星術講座


by saiyans | 2015-09-07 15:11 | インド占星術