ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 14日

将棋と音楽の学習方法を変える


長年 将棋をやってきて分かったのは、強くなるにはまず最初に、トッププロ同士の棋譜を並べて、その感覚を自分の物にしてからでないと、学習時間が無駄になってしまうということだった。

音楽であれば、まずはバッハのコピー(真似)が大事で、繰り返し鍵盤で弾いて、そのセンスを身に染み込ませる必要があるのだ。

確かに「レコンポーザ/ 98 Ver3.0」などの作曲用ソフトで1から自分の稚拙なメロディーを入力し、コード(ハーモニー)を付け、ベースを入れ、ドラムスを入力するのは面白いのだが、そうしたやり方では音楽センスって上がらないのだ。とにかくひたすら音符を追いかけて、鍵盤で弾きまくる。真似しまくるのが1番の近道だと気付いたのが最近なのが情けない。

同様に将棋の場合も、私のこれまでのやり方は「1日3局Bonanza6.0と指す」というものだったが、5月に入ってから止めた。「これってレコンポーザに稚拙なメロディーやコードを入力することと同じだ」と分かったのだ。

Bonanzaと対局する時も、自分で適当に1から指して1手1手 駒を進めて行くことができるのだが、やはり棋譜並べを経ていないため、所々でBonanzaに的確に咎められてしまう。

音楽は基本1人で作るので、全部が自分だが、将棋は先手と後手で2人なので、100%自分の表現とはならない。そのためBonanza6.0同士を双方 秒読み60秒で対局させて、局後に棋譜再生し、「これはカッコイイ」という棋譜を並べるやり方に変えた。

「その日の調子」というのは脳内評価関数の上下であり、人の場合は日によって相対的に動いてしまうが、将棋ソフトは一定で安定している。Bonanzaという、棋力が全く同じソフトが先手・後手を持って指すため、事実上1人の強い人が1人で対局したことになり、音楽家の作曲した作品のように、初手から終局までが均衡の取れた状態で結果する。

音楽では、基本形はバッハの4パート譜で、次は応用で8パート。次は16パートというように移行していく。

意外だが、バッハの楽曲というのは音数自体はそれほど多くない。少ない音を巧みにやり繰りして巧く鳴らす。”駒落ち” ならぬ ”音落ち”から入れば、少ない音数で工夫せざるを得なくなるため、技を習得し易いと思う。


チェスは8×8=64升のボード上で、先手16駒と後手16駒の計32駒を用い、盤上に自分を表現する。将棋は9×9升=81升で、先手・後手とも20駒を使って勝負する。

そうは言っても、実際にはバッハの曲にも好みがある。1000曲以上作っていても、正直言って「別に・・・」という曲も沢山存在する。全体で見たら野球ではないが、3割打てれば上出来だと思う。10曲あったら3~4曲でいいのだ。将棋指しの棋譜も、棋譜再生してみた時に、自分的に「あんまり・・・」という対局が存在する。これもまた10局あったら3局くらいに落ち着くのだ。

”これぞ将棋の精髄”、”音楽の精髄”と呼べるものを厳選してコピーする。全てのウパニシャッド(聖典)の精髄と言われる「バガヴァッド・ギーター(神の詩)」 も、全部で18章あるが、この18章中の精髄が ジャパ・ヤジュナ(念誦の祭祀。神の名を唱えること)という たった1つの奥義に収斂されるのだ。

日本国は英語名がジャパンで、日本人はジャパニーズと来れば、これは究極を意味する。”ジャパがニーズに合う国民”という意味に解せれば救いになる。法然の時代から”南無阿弥陀仏”と唱えてきた常習が生きて、唱え続けることで最終的に解脱できる。

[PR]

by saiyans | 2016-05-14 09:38 | 将棋
2016年 05月 13日

レコンポーザ環境を2016年仕様にチューンナップ


PC-9801/21エミュで、レコンポーザがまともに動くのは 「Neko Project II」 のみ。


a0311886_22422956.jpg

●Neko Project II – yui.ne.jp


a0311886_0153252.jpg

↑ 「Emulate」タブ→「configuration」のCPU項目では 「×16」 がベスト。「×20」 では、トラック・プレイ時に遅くなる。設定したら、一度エミュレータを閉じて再起動すると、正常に動くようになる。


a0311886_22431976.jpg


a0311886_22441598.jpg

↑ Screen → Screen Option → Full Screenタブで「Fixed aspect」がマイベストサイズ。


a0311886_22450056.jpg


a0311886_22454235.jpg

↑ネコのショートカットを右クリックしてプロパティ。ハードディスク・イメージの「80MB 02.NHD」 の後に /F と付ければ、フルスクリーンで起動する。

●MS-DOS や レコンポーザ のディスク・イメージは「T-98NEXT」で作成する。
http://akiyuki.boy.jp/t98next/

(「T-98NEXT」で作ったHDDイメージは、Harddisk → SASI♯0でマウントして起動できる。)


a0311886_1112457.jpg

a0311886_22463222.jpg

a0311886_1053381.jpg

a0311886_2122413.jpg

a0311886_2113272.jpg

a0311886_2151042.jpg




a0311886_14482821.jpg

↑ 「MS-DOS Ver 6.2」 の CONFIG.SYS 設定例。


a0311886_14501566.jpg

↑ AUTOEXEC.BAT の設定例。


●エミュレータ上での日本語変換 「NEC AI」の使い方は、 [CTRL]+[変換]キーで起動後、[SPACE]キーで漢字に変換し、[ENTER]で確定する。

●「Neko Project II」 を、小画面からFULL画面にする時は [ALT]+[ENTER]


a0311886_1233257.jpg


a0311886_01401331.jpg

a0311886_01404367.jpg



●"Recomposer" Dimension (レコポと98えみゅ関連情報の掲載)
http://mashall.maid.ne.jp/main/index.html


●DiskExplorer (ディスク・イメージ内のファイルを直接 読み書きできるツール)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se107750.html


●Virtual Floppy Image Converter (各種ディスク・イメージ変換ツール)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se151106.html



レコンポーザやMS-DOSのディスクをイメージ化する時に必要なのが「USBフロッピーディスク・ドライブ」だが、「3モード対応」を謳っていても、PC-98のディスクが読めない機種が存在する。

アイ・オー・データの「USB-FDX1」は、MS-DOSとレコンポーザのディスクをイメージ化できなかった。砂時計マークが出たままフリーズ状態になる。


※「USBフロッピーディスク・ドライブ」が認識されない時は、USBのオス・メス端子部に息を吹きかけてから接続すると認識する。おそらく、汚れで接触難に陥った接続端子部に水分が付着することで、一時的に導通が回復し、認識されるのだ。

中古で入手した「USBフロッピーディスク・ドライブ」は、ヘッド部分が強度に磁気を帯びている場合があるので、湿式の「フロッピー・クリーナー」でヘッドを磨いてから使わないと、ディスクが損傷する。私はそれで「MS-DOS Ver6.2」のディスクをゴミ箱行きにしてしまった。

a0311886_12505789.jpg
↑「Panasonic LK-RF240U」ではイメージ化できた。



USB/MIDIインターフェースはROLANDの 「UM-ONE mk2」を購入したが、最初はMIDIキーボードを弾いてもウンともスンとも言わなかったのに、「serial option」→「port」を「MIDI」にして、「Device」を「UM-ONE」に、「Module」を「GS」にしたら鳴るようになった。KORG 05R/Wは、鍵盤を弾くとPC-98実機+レコンポーザの時と同じレスポンスで鳴る。

a0311886_22293840.jpg

a0311886_22301945.jpg


a0311886_16402922.jpg



「Device」タブ →「MIDI option」で、「MIDI-OUT」にソフトシンセの「Microsoft GS wave table SW Synth」を選ぶと、弾いていてレスポンスがちょっとだけ遅くなるが、でもこれは「ASIO4ALL」というドライバをインストールした後、 Neko Project IIを再起動し、「Emulate」タブ →「configure」で、「Sound」欄に「ASIO4ALL」を登録すれば解消されて、発音の遅延が無くなる。


a0311886_02282197.png



98 配列 のUSBキーボードは、NECが過去に販売していたので、中古品を見つけたらゲットするといいかも。この「PK-KB011」を使えば、[=] キーも一発で決まり、PC98実機の操作感覚に近くなる。

a0311886_01314930.jpg
a0311886_01322264.jpg
a0311886_00000361.jpg
a0311886_01333008.jpg


PK-KB011 98配列USBキーボード



↓ Windows Vista / 7で、外部MIDI音源を選択できるようになるフリーソフト

「おーぷんMIDIぷろじぇくと」
MIDIマッパー出力先選択ソフト『MIDIせれくたー』

フリーのソフト音源
「TiMidity++windows synthesizer」




参考にさせていただいたサイト&PC-9801関係のリンク


「RCMに似たソフトありますか?」 MiXi コミュニティ


Midi Classics <MIDI クラシック音楽データ集 by Windy>

鈴ちゃんの Classic MIDI

レコンポーザ/ 98 Ver3.0 製品ページのアーカイブ

DTM --- フリーのVST Hostを探して

「midiom」 レコンポーザと似てるらしいシーケンサー

お釈迦様でも治せません(八月の月戦記)



「古いハードに囲まれて」 PC-9801VM 修復編

「uts 佐藤恭一の近況」 PC-9821 model S1 分解清掃 内部写真

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

第三研究所 所内売店

「RJBlog」 (アナログシンセなどの電子工作が参考になる)




PC-88や98で使える液晶ディスプレイ

CENTURY LCD-8000V

I‐O DATA XGA対応15型スクエア液晶ディスプレイ LCD-AD151SEW

[PR]

by saiyans | 2016-05-13 02:18 | MIDI