ラーマの日記

saiyans.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 29日

ゲームボーイのメンテナンスについて


はにはにさんのブログには、YAMAHAのMSX2メンテが紹介されているが、「音質が変化してしまうかもしれない箇所のコンデンサは交換しないでおいた」という記事があった。

TK製(東信工業製)などのオーディオ向けコンデンサに交換すると、ノイズが消えて直った、という記事もあるので、初代ゲームボーイのノイズ問題も、コンデンサの交換で片が付くかもしれない。TK製以外では、日本ケミコン製のコンデンサであるKMG、SMGシリーズは、高信頼性の、良い部品らしい。


はにはにさんは、以下のようにも書いている。


● コンデンサが液漏れしていると音が出なくなる。

● コンデンサ容量は画質や音質に影響が出る。

● 16Vのコンデンサは25Vでも代用可能。


電解コンデンサの電圧や容量で、音質も違ってくるようだ。


ということはProphet-5の音質の違いも、「後期型の方がスマートな音がする」というのは単に、コンデンサの違いによるのかも。

RolandのJUPITER-8も前期型と後期型で音質が違うけれど、これまたコンデンサの違いが大きいとしたら面白い。

コンデンサの容量は多少数字が多めでも、代用できるというのが不思議。例えばメーカー推奨のACアダプターがDC9V-300mAであっても、9V-600mAでも動いたような記憶があるので、これもコンデンサと同じだ。


ネットを調べてみると、ゲームボーイを分解メンテナンスしている方たちはコンデンサの交換をしないようだから、「交換した」という記事を書けば、更に受けると思う。


レーシングマシンのメカニックマンが、その日の天候でタイヤの種類やキャブレターの調整を変えたり、サーキットの路面状態やライダーの好みによってサスペンションのスプリング強度やオイル特性を変えたりするように、ミュージシャンは自分の好みによって、電子楽器のコンデンサ容量をアップさせたり、ダウンさせたりするのが「裏ワザ」として使えると思う。

エンジン内のシリンダーを磨いてチューニングするのも、ゲームボーイの電池を受ける接点を、ピカールで磨くことと似ている。

同じメーカーのシンセサイザーでも、「今回私が使用した機材は、コンデンサの耐圧と容量を上げてあるので、ちょっと音が違いますよ~」と雑誌インタビューに答えれば、それがCD制作の「売り」になったり。

普通は「レーシング・チーム」という時、ラーダーとメカニック、あるいはチューナーは別の人だが、自分のことが一番よく分かるのは自分だから、実際は自分で全部やるのが理想だ。

ミュージシャンの場合も普通はローディー(機材のセッティングをする人、海外では「デクニシャン」と呼ばれる)、マニピュレーター(音色を作る人)、レコーディング・エンジニア(ミキサーで音のバランスを調整する人)は別の人だが、これも本当は、ミュージシャンが自分一人でやれば一番いい。

レーシングマシンはスペアを用意しても2~3台だろうが、ゲームボーイは幾つも持てる。それこそ同じ初代ゲームボーイでも、「中身はそれぞれ別物」というのが可能だろう。コンデンサのボルトや容量が違う、荒い音のするゲームボーイからシャープなものまで一通り揃えれば、どんなライブ会場にも対応できるはずだ。

バイオリンは、本体内の「魂柱」を少し調整しただけで、ガラッと音が変わるが、電子楽器類も、中にある部品を少し調整しただけで、性格が変わるのだ。


ゲームボーイ用のACアダプターは少しサイズが大きいので、小型のタイプにしたい。ハード・オフにはゲームボーイ用のACアダプターと同じ4.8V-150mAの物が108円で売っているので、その先端のコネクター・ケーブルをカットして、ゲームボーイ用コネクターに交換、半田付けして使うことにする。収縮チューブはダイソーで買ってこよう。

昔、ラジコンをやっていた頃、京商製の急速充電器のコネクターを、同じ方法で、違うコネクターに交換していたので、今度もうまくいくと思う。



参考資料

「KBspecial キーボードスペシャル」 立東社

「キーボード・マガジン」 リットーミュージック

「CYCLE SOUNDS」 山海堂 月刊版

はにはにのヴィンテージPC新品再生ブログ

バイオリンパレット

RED MOTOR.com

[PR]

by saiyans | 2017-10-29 20:51 | ゲーム ミュージック
2017年 10月 25日

ゲームボーイと、創造する自由の共存


今日は隣町のハード・オフでパソコン用の「15インチ・ディスプレイ」を324円で買った。

この前ブラリと入店したら、欲しかったスクエア・タイプ(正方形タイプ)のディスプレイがたくさん並んでいて、一台一台チェックしてみたのだが、その殆どが動作した。

今回購入した三菱のディスプレイは、値札を見ると「ほとんど映りません」と書いてあったが、動作チェック・テーブルに移動してパソコンを繋ぎ、電源を入れてみたら、確かに電源投入時はボヤケていたのだが、少し調整したらバッチリ映った。

中古でも一万五千円はするから、すごく儲けた気分だ。察するに、ハード・オフの店員さんは、さほど真剣には動作チェックをしないのだと思う。サンプラーの「AKAI S3000XL」もやはり「液晶がダメです」と値札に書いてあったのに、動作チェックして液晶のコントラスト・ボタンを押したらバッチリ映った。

コンセント・ケーブルほか、ケーブル類は短いほど節電効果が高いので、1mの物を108円で購入。接点は大抵汚れているので、「ピカール」で磨けばOKだ。


ここ最近のハード・オフ店内の変化として、以前は315円で沢山ジャンク置き場にあった「ゲームボーイ」が一台も無くなったことが挙げられる。

これは「LSDJ」という作/編曲ソフト(五百円)が登場したことで、再ブームが起きていることが理由だと思う。


a0311886_20022236.jpg


特にアメリカは「ゲームボーイ」を用いたチップ・チューンが盛んで、改造用のオリジナル・パーツ販売も、売れ行きがいいらしい。

数ある「ゲームボーイ」の中でも初代モデルは音に重量感があり、貴重視されるそうだが、これはシンセの「Prophet-5」についても言えた。やはり初代モデルの方が内蔵されたチップが違うので、音が野太いそうだ。

「ゲームボーイ」は二台をケーブルで繋いでリンクさせることで、同期演奏が可能となるが、そうすると初代ファミコンを発音数で超えることになり、より複雑な演奏表現が可能になる。

「初代ゲームボーイ」は液晶にバックライトが無いため、暗い所でプレイする時に問題があるらしいが、私は初代モデルの、あの液晶の色が好きなので、改造する予定はない。暗い所でもやらないし。

「ゲームボーイ」はザイログ社の「Z80」というCPUに似た命令セットで動作するが、 PC-8801 もZ80コンパチのCPUだから、アセンブラを勉強するにも共通性があるはずなので効率的かな。

私は世代的に今現在のゲーム機というのが理解できず、興味を持てない。「セガサターン」と「ドリームキャスト」が、実質最後の魅力ある機体だった。

音源仕様的にはやはり「初代ファミコン」、「ゲームボーイ」、「PC-8801」、「X68000」が最高で、心地いい。

次のG.I.M.I.C用モジュールは、初代ファミコンの音源チップで構成されることを心より願う。既にスーファミの音源チップを載せたモジュールは販売されているが、個人的に魅力を感じないので、あまり受け入れられなかった。

「ゲームボーイ」を用いて楽曲制作を行うプロフェッショナルは、SaitoneさんとTorienaさんがやはり頭一つ抜けている。将棋の棋力で言えば、ほかのチップチューン・アーティストは彼らに「角落ち」で勝負かもしれない。


私の家は近所が異様に近く、音を出しづらい環境下で生きているので、今度の「ゲームボーイ」による作曲機器の携帯には、一筋の光明を見い出した気分になっている。

家も狭いので、家族に音の迷惑が及ぶのも気になる。「土地は広く、家も広く」が将来の理想だ。過疎地とか、地価が安い場所に引っ越すのを想定しているが、何分現在、「技術」という資本がないので、一躍跳入にそこに到達することができない。辛抱の日々だ。

テクノロジーの進歩は目覚ましく、液晶画面の高精度化、CPUの高クロック化、低消費電力化と、デバイスの軽量コンパクト化、日進月歩で進む発展の中で、特に嬉しいのが充電池の高性能化だ。

ゲームボーイも乾電池数本で駆動するが、当然昔よりも長時間のプレイが可能だろうから、作曲時の推敲もし易い。電池切れにソワソワしてインスピレーションの妨げになるような機器では仕方ないので、充電池の開発者さんたちには頭が上がらない。


もしタイムスリップして過去に行けたら、私はハードオフでゲームボーイを大人買いしたい。今は二束三文の値段で売られていたあの頃は天国だったのだと、後悔する日々だ。



参考資料

「キーボード・マガジン」 リットーミュージック

Bookworm's Library

ゲームボーイクローバー

ゲームボーイの修理・レストアTipsまとめ

「SQUARE SOUNDS TOKYO 2015」オーガナイザー、“David Adams a.k.a LAZERBEAT”
、“James York a.k.a Cheapshot” インタビュー

= 2000年度版 =
お受験に出るゲームボーイ

LSDjについて日本語で書く

kyo5884's blog

tee-suzuki.com 初代ゲームボーイの外装レストアのこと

LSDj 虎の巻

ゲームボーイはまだ終わっていない!

kitsch-bent (ゲームボーイ用のパーツ販売店)

ゲームボーイ ウィキペディア

[ESC​-​008] Keepsake
Saitone

G.I.M.I.C Wiki

cTrix LSDJ Beginners Guide

「てきとうなブログ」 Little Sound Dj


「あかね色の空の下で」
ゲームボーイアドバンスのカセットデータを吸い出してみた

“GB USB SMART CARD 64M ” を入手しました


「ひごディウス(ポピィ)のレトロゲーム記」
gb/gba transferer2を買った

【LSDj】LittleSoundDj書き込み代行サービス

LSDJをゲームボーイで動かす(Macユーザー)

初代ゲームボーイ専用ACアダプター GB-8 (HORI)

N.O.M No.21 ゲームボーイ特集

[PR]

by saiyans | 2017-10-25 00:13 | ゲーム ミュージック
2017年 10月 23日

柿木将棋Ⅸの基本設定


a0311886_00564931.jpg


Windows XPを再インストールしたところ、柿木将棋Ⅸの設定も初期状態に戻ってしまったので、設定し直しが結構大変だった。

特に以下の設定項目は、気分良く学習するために欠くことのできない基本設定なので、押さえておきたいところだ。


a0311886_21022727.jpg



a0311886_23045854.jpg
a0311886_23052516.jpg




a0311886_21044540.jpg
a0311886_21060623.jpg



a0311886_01043288.jpg



柿木将棋はユーザー自身のカスタム化に拘る設計なため、細部まで自分好みのカスタマイズができる。

特に、自分用の駒を用意できる「外部駒」の項目は、ほかの将棋ソフトにはないサービスだと思う。


久々に天野宗歩の棋譜を再生してみたのだが、やはり何回見ても素晴らしいなあと思う。

天野宗歩 VS 八代 伊藤宗印(1856年11月17日)は「遠見の角」の名局で、先手 天野宗歩が勝ったのだが、コンピュータ並みの読み切りがすごい。寄せが正確な人に憧れる傾向がある私は、そのために谷川浩司さんを尊敬する。

「頭脳ゲーム」と言うけれど、現在はCPUが高速になり過ぎて、将棋を生で見ることに抵抗を覚えるようになってしまった。

「研究」と言われる範囲の中に、コンピュータ将棋による検討が大半を占める場合、果たしてそれは「研究」と呼べるのだろうか?という疑いが起こるようになった。

その点で、升田幸三さんや大山康晴さんの将棋は貴重だと思うのだ。あの当時は、コンピュータもそれほど発達していないから、頭脳だけの勝負が当たり前で、「新手」と言われる言葉にも重みがあった。

できればプロ棋士には、VSの相手としてだけ、コンピュータ将棋を活用してほしいのだが、将棋ソフトの活用は時代の趨勢だとすれば、もうこれには逆らえないのかもしれない。

詰将棋を解いたり、将棋ソフトと対局している時は、脳波がシータ波に移行しているはずなので、そういった薬能効果も期待できる日本将棋は、これからも世界を救い続けるだろう。



リンク

「柿木将棋Ⅸ」

「しんえれ外部駒」

[PR]

by saiyans | 2017-10-23 01:14 | コンピュータ将棋
2017年 10月 04日

「サンカルパ」ってすごい


a0311886_03500095.jpg


青山圭秀さんの著書「サンカルパ」の中に、水が流れる方向による運勢の良し悪しが書いてあったのを思い出した。

「風水」の原型と言われる聖典「スターパティア・ヴェーダ」(建築の科学)に書かれているらしい。


a0311886_20583893.png


このほかにも、「土地は四角くなければならない」、「川と平行でなければならない」、「寺院にあまり近過ぎるのも良くない」などが書かれていた。

ウチは、雨水の流れる方向が北から南なので、運が良くないようだ。

近所に、南から北に流れる家があるけど、確かに栄えている。


「古代の叡智は、わしらが現代人が完全に途方に暮れた時に、息を吹き返すんだ」と、ドンファンは言っていたが、妙に納得できるのは、青山さんの書いた一連のノンフィクション本を読み続けてきたためだろう。


霊的なものの見方を現代人が失わないように、時代に応じて生まれてくるのが、青山圭秀さんのような水先案内人なのだと思う。

青山さんは例えば、アーユルヴェーダはシャシクマールさんのネチール家に教わり、インド占星術も本家筋の方に出会えて教わり、予言書も、代々それを受け継いできた家系の方から直接に話を聞き、スターパティア・ヴェーダはその家系のカニパヨール氏からというように、ことごとく本物たちからその分野のエッセンスを享受されている。

やはり第9室の強い木星(アシュタカヴァルガの値は最高点の「8」)が、青山さんを叡智に導くように働いているのだ。

青山さんの予言書には、「過去世の1つで王族に生まれた」とか、「由緒正しいブラーミンの家系に生まれ」などの記述が見られるが、王族だった頃は当然、宮廷にお付きのブラーミンたちに毎月プージャをしてもらっていただろうし、ブラーミンの頃は自分でプージャをするなど、何度も生まれ変わる度に祭祀を催してきたから、ほとんどの惑星が神的な部屋に配座する形で生まれるなどの吉祥に恵まれているのだ。

ブッダやイエス・キリストもそうだと思う。ブッダは釈迦族の王子だったし、イエスはダビデ王の家系に生まれているのは、彼らも過去世で、数え切れないほどのプージャを行ってきたから、生まれた時から心が清浄で、神を実現できるくらいの素質に恵まれて誕生できたのだ。


「スターパティア・ヴェーダ」のカニパヨール氏は、インド各地から招かれて、土地や方角の測定、建物の高さ、外壁のデザインなどをアドバイスしていたようだが、このことはこの分野の本家筋がどれほど少ないかを物語っている。

青山さん自身も、インドにある大型書店をたくさん回ってみたけれど、ほとんど文献らしいものが見当たらないことに驚いたそうだ。

同じインド文化でも、例えばインド占星術学校があり、アーユルヴェーダ学校があっても、 スターパティア・ヴェーダ学校は無いと思う。インド占星術師やアーユルヴェーダ医は沢山いても、スターパティア・ヴェーダ師というのはほとんど稀なのだ。カニパヨール氏自身にも息子がいるそうだが、まったく興味を示さないことに絶望している、というようなことを、青山さんの前で愚痴っていた。

もし日本人の誰かが、カニパヨール氏に弟子入りして、10年の修業の後に帰国、開業すれば、日本中から引っ張りダコになるだろう。土地の選定、運勢が良くなる形の家の建設など、インド直伝の叡智を母国に齎すことになれば。

それこそ、玄奘三蔵が膨大な仏典を中国に持ち帰った時や、空海が真言密教を日本に持ち帰った時くらいの歓迎を受けるはずだ。





参考資料

「サンカルパ」 三五館
青山 圭秀 著

「ドンファン・シリーズ」 二見書房
カルロス・カスタネダ 著 真崎 義博 翻訳

「慈悲・仏陀の教え」 サティア サイ出版協会
サティア・サイババ 著 

「サイババ イエスを語る」 サティア サイ オーガニゼーション ジャパン刊
サティア・サイババ 述 牧野元三 和訳

「ウパニシャッド」
シュリ・サティア・サイ・出版物日本刊行センター
サティア・サイババ 著 若林 千鶴子 翻訳

「釈迦の本 ― 永遠の覚者・ブッダの秘められた真実」 学研
NSM ブックスエソテリカ宗教書シリーズ

「空海の風景〈上, 下〉」 中公文庫
司馬 遼太郎 著

「知ってるつもり?!」 日本テレビ
弘法大師 空海
2000年10月29日放送

「知ってるつもり?!」 日本テレビ
三蔵法師 玄奘三蔵
2001年9月2日放送


[PR]

by saiyans | 2017-10-04 03:57 | 人間の霊性についての考察
2017年 10月 02日

DuckDuckGoをChromeから削除する方法


a0311886_22394078.jpg
右上のダックを右クリックして



a0311886_22401195.jpg



a0311886_22402701.jpg


「Submit」
訳:提出する


以上。

[PR]

by saiyans | 2017-10-02 22:43 | パソコン